beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[MOM3309]鹿島学園MFエゼ・トベチク(3年)_FW転向わずか3か月、全国に導く延長V弾!

このエントリーをはてなブックマークに追加

エゼ・トベチク(3年)が鹿島学園を全国に導く決勝ゴール

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[11.15 高校選手権茨城県予選決勝 鹿島学園 延長2-1明秀日立 カシマ]

 茨城県予選は4試合連続ゴール。そして、予選最後の得点は鹿島学園高を全国に導く千金弾となった。「僕が出場できる最初で最後の全国にいける大会。絶対に勝ちたかった」。FWに転向してわずか3か月というエゼ・トベチク(3年)が、大一番でヒーローの座を射止めた。

 前半立ち上がりに試合が動いたあとは1-1のまま膠着状態が続いた。守備陣が締めながらチームとして勝機を伺う中、その瞬間が訪れたのは延長前半7分だった。左サイドを仕掛けたMF土井紅貴(3年)がシュートを打つと、相手に当たったこぼれ球にエゼが反応。ペナルティエリア内でターンすると、豪快な右足シュートを突き刺した。

「信じて延長も使い続けていた」という鈴木雅人監督の期待に満点で答える活躍ぶり。疲労が見える延長後半も最後まで前線で体を張り、100分間を走り抜いた。186cmの高さとフィジカルを生かして起点になり、シュート数は両チーム最多となる4本を記録。MF大澤昌也(3年)は「裏へのランニングだったりパスコースを作ってくれる。体も強い選手なので助けられます」と、献身性に感謝していた。

 ボランチからFWにコンバートされたのが、今年8月。ポストプレーからチャンスを広げるが、高さとフィジカルだけではなく、足元の技術やドリブルに持ち味がある。現在もボランチへの愛着は深く、憧れのFW選手は「いない」というが、それでも4年ぶりの全国に導く決勝ゴールを挙げた。

ナイジェリア人の父と日本人の母を持つエゼは大阪府出身。「寮生活がしたかった」と、セレッソ大阪U-15から鹿島学園へ。「環境が良くて、先輩たちが優しかったのでここに来ました」。昨年のエース磯部直也、2学年上の大角直輝からもエールが届き、「絶対に勝とう」と静かに気合を入れていた。「点を取ってチームを勝たせられる選手になりたい」。開幕までにさらなる進化を遂げ、次は全国の舞台でゴールを奪う。

 (取材・文 佐藤亜希子)
●【特設】高校選手権2020

TOP