beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

仙台育英、宮崎日大、市立船橋、佐賀東、明桜、那覇西抽選会後コメント

このエントリーをはてなブックマークに追加

宮崎日大高MF山口哲平主将

 16日、都内で第99回全国高校サッカー選手権(12月31日開幕)の組み合わせ抽選会が行われた。各代表校は地元テレビ局からリモート参加。抽選会終了後、各校の代表選手が「対戦校インタビュー」に応えた。

以下、Bブロック(トーナメント番号13~18)の6チーム選手コメント
[2回戦]
仙台育英高(宮城)vs宮崎日大高(宮崎)
仙台育英高MF渡辺弘和選手
「相手は初出場ということでまだどのようなチームか分からないんですけれども、初戦からしっかりと良い準備をして勝ちたいと思います。(今年は)前線からのハイプレス、奪って速攻というのが持ち味というチームなので、全国大会でその持ち味を発揮できるようにしたい。去年はベスト8で悔しい思いをしたので、今年はそのベスト8を越えられるように一戦一戦頑張って行きたいと思っています」

宮崎日大高MF山口哲平主将
「(初出場で)初戦は仙台育英と決まったんですけれども、とてもワクワクしています。このチームは一つの目標に向かってみんなで頑張れるチームなので、初戦でもそれを発揮して頑張っていいきたい。まずは選手権があることにしっかりと感謝して、結果で恩返ししたいと思います」

[1回戦]
市立船橋高(千葉)vs佐賀東高(佐賀)
市立船橋高DF石田侑資主将
「佐賀東さんがどういうチームかまだ分からないんですけれども、自分たちにベクトルを向けることが凄く大事だと思っているんで、“市船らしさ”を最大限に出してプレーしていきたいと思っています。(“市船らしさ”とは)球際、切り替え、運動量、この3つをテーマに練習からしているので、それを最大限に出してプレーします。千葉県代表として日本一が獲れるように頑張ります」

佐賀東高MF寺崎朋範主将
「しっかりと自分たちのサッカーをして、まず市船さんに勝てるように1か月半しっかりと良い準備をしたい。(今年は)例年に比べたら身体の小さい選手が多いですが、ドリブルだったり、時間を作れる選手がいるので、そこで時間を作ってもらってシュートまでしっかりと持っていけるチームです。選手権は何が起こるか分からないので、市船さんは強豪だと思いますが、しっかり1か月半準備して自分たちのサッカーをやって、1回戦絶対に勝ちたいと思います」

[1回戦]
明桜高(秋田)vs那覇西高(沖縄)
明桜高DF鎌田太耀主将
「(那覇西との対戦だが、)沖縄は気温が高い県なので、粘り強いチームなんだろうなという印象があります。(各選手)それぞれ武器があるので、後ろで繋いでから(前に運んで)点を取ってもらいたい。秋田県代表として秋田で負けたチームの分も戦っていきたい」

那覇西高MF山川樹主将
「明桜高校さんも厳しい県予選を戦ってきて、とても強いと思うんですけれども、自分たちのサッカーをしっかりとやって、初戦をしっかり勝っていきたいと思っています。自分たちは攻撃を魅力とするチームなので、自分たちの攻撃力を活かして、自分たちの目標であるベスト8以上を目指していきたい」


▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

TOP