beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「綾羽初のJリーガーになる」と誓い、流通経済大で成長。DF野々村鷹人が“恩返し”の松本内定

このエントリーをはてなブックマークに追加

流通経済大DF野々村鷹人松本山雅FC

 松本山雅FCは16日、流通経済大に所属するDF野々村鷹人(4年=綾羽高)の来季からの新加入内定を発表した。流通経済大4年生でJリーグに進むのはDFアピアタウィア久加藤千尋(ともに仙台内定)、MF伊藤敦樹(浦和内定)に続き4人目。加えて綾羽高出身の選手でJリーガーが誕生するのは初となる。野々村は「松本山雅をJ1に上げるのが僕の役割。同じ流経出身で、山雅に所属したDF飯田真輝選手(現FCマルヤス岡崎)のようにチームの顔となりたい」と意気込みを口にした。

 野々村は、183cmの身長を活かしたヘディングの強さが売りのCB。綾羽時代から滋賀県No.1のDFとして注目を集め、複数の大学からオファーを受けたが、「綾羽初のJリーガーになるのが、(岸本幸二監督や支えてくれた方への)一番の恩返しになる」とスカウトからより多くの注目を集める関東屈指の強豪大学への入学を決意した。

 流経大でも競り合いの強さは群を抜き、50人以上いる新入生の中から一番乗りでAチーム入りを果たしたが、当時の4年生はMF守田英正(現川崎F)、FWジャーメイン良(現仙台)といった実力者ばかり。関東大学サッカーリーグで出番を得ても、「関西では味わえないレベルのプレーばかり。ヘディング以外はレベルが違い過ぎて、まったく通用しなかった。1年生の頃は本当に苦しかった」。

 一方で、「この人たちのレベルまで行けばプロに行けるんだと基準が明確になり、もっと努力しないといけないと気付けた」。高校時代は身体が重くなるのを嫌い、筋トレを避けてきたが、大学に入ってからは毎日欠かせずに鍛え、体重が8kgもアップ。高校時代に課題だった線の細さが解消され、対人守備が力強くなった。

 上手く行かない期間に綾羽で身に付けた自らが考え、主体的に動く「ボトムアップ」の意識も役立ったという。また、1年生の頃に、キャプテンだったDF石田和希(現HondaFC)に自身の悩みを打ち明け、ピッチ内外でのアドバイスを貰えたのも大きかったと振り返る。

 2年目はコンスタントな出場機会を得るためにJFLの「流経大ドラゴンズ龍ヶ崎」に所属した。Bチームの選手が所属するカテゴリーではあるため最初は悔しさもあったが、「自分の実力がないんだと素直に受け止めた」野々村は社会人チーム相手に持ち味を発揮。天皇杯予選の準決勝ではAチームを撃破すると、決勝では筑波大も破り、全国大会への出場を果たした。

 天皇杯では2回戦でFC東京と対戦。2-4で敗れたが、プレーが評価され、Aチームへの復帰を果たした。3年生以降は、「1年生の頃からずっと彼がライバルになるだろうなと思っていた」同タイプであるアピアと熾烈な定位置争いを繰り広げた。試合に出られない時期もあったが、最終学年を迎えた今年は副将としてもチームを牽引。複数のJクラブから注目する存在となった野々村は、10月になり「失点を減らすために力を貸して欲しい」と真っ先にオファーを出してくれた松本への加入を即決した。

 チームメイトであるアピアと伊藤の内定がいち早く決まり、アピアはすでにJリーグの舞台も経験している。そのため、「(ようやく内定が)決まってホッとしている」が、浮かれた様子は見られない。

 松本の地で躍動し、将来の日本代表入りが目標。その前に「まだリーグ戦が残っているのでタイトルを獲れるように頑張りたい。一年生の時にインカレで優勝したくらいしかチームに貢献できていない。流経は『2部にいる存在じゃない』と示したい」と残りわずかとなった大学サッカーの舞台での活躍を誓った。

(取材・文 森田将義)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP