beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

スペインがドイツを6発粉砕!! 逆転首位で4強入り…F・トーレスがハット達成

このエントリーをはてなブックマークに追加

スペイン代表ドイツ代表に6-0で大勝

 UEFAネーションズリーグは17日、グループリーグ最終節1日目を行い、グループ4では首位のドイツ代表(勝ち点9)と2位のスペイン代表(勝ち点8)が直接対決。前半だけで3点を奪ったスペインが、後半も3点を加点して6-0と大勝し、逆転でベスト4進出を決めた。

 前半17分にCKからFWアルバロ・モラタがヘディングで決めて先制したスペイン攻撃陣が爆発する。同33分には左サイドから送られたクロスをFWダニ・オルモがヘディングで合わせたシュートはクロスバーを叩いたものの、こぼれ球をFWフェラン・トーレスが左足で豪快に蹴り込んで2点目。さらに同38分にはCKをMFロドリが巧みにヘディングで合わせてネットを揺らし、リードを3点差に広げた。

 後半に入ってもスペインは攻撃の手を緩めず。同10分と同26分にF・トーレスがゴールを陥れ、ハットトリックを達成。5点のリードを奪うと、試合終了間際の同44分にはロドリの浮き球のパスからPA内に走り込んだDFホセ・ガヤの折り返しをFWミケル・オヤルサバルが押し込み、スペインが6-0で圧勝した。

 勝ち点3を上積みしたスペインがドイツをかわして首位となり、21年に行われる準決勝へ駒を進めることになった。なお、もう1試合のスイス代表対ウクライナ代表は、ウクライナ代表のチーム内でクラスターが発生した影響を受けて中止となっている。

●UEFAネーションズリーグ20-21特集

TOP