beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

自らへの大きな期待語った鎌田「将来的にはできるようになる。なりたいようになれる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表MF鎌田大地(フランクフルト)

[11.17 国際親善試合 日本0-2メキシコ グラーツ]

 日本代表MF鎌田大地(フランクフルト)はメキシコ戦の試合後、自らが持つ可能性に大いなる期待を語った。「自分が描いているものは昔から変わらずにずっと言い続けてきた中で、だんだん近づけている感覚がある。将来的にはできるようになると思うし、なりたいようになれると自分でも思っている」。この敗戦で突きつけられた課題も胸に、さらなるレベルアップを遂げていく構えだ。

 FIFAランキング11位のメキシコに挑んだ国際親善試合。これまでトップ下で絶対的な地位を築いていたMF南野拓実(リバプール)が控えに回る中、森保ジャパンの攻撃の中心を担っていたのはまぎれもなく鎌田だった。

 決して相手の守備ブロックが間延びしていたわけではなかったが、わずかなスペースに顔を出してパスを呼び込むと、食いついてきたマーカーを巧みにいなしてボールをキープ。そうして前を向けば長短のパスで新たな攻撃の選択肢を作り出し、前半10分ごろからの決定機を次々に演出した。

「代表に入った時から何かが変わったというイメージはないけど、一つは周りからの見方がすごく変わったと思う。自分がずっと中盤をやりたいと言ってきて、トップ下をやらせてもらったことで、言っていたことを周りに理解してもらえるようになった」。昨年3月のA代表デビューは1トップのポジションだったが、起用に異を唱えながらもこだわってきた本職起用で、さすがの振る舞いを見せた。

 もっとも、相手はコンスタントな勝負強さでW杯7大会連続で決勝トーナメントを成し遂げてきた強敵。そんな鎌田を最後まで自由にはさせなかった。ハーフタイムに投入したMFエドソン・アルバレスをマンマーク気味につけ、日本の攻撃を前後に分断。そこから徐々に流れが悪くなり、後半18分からの5分間で鮮やかに2ゴールを奪った。

「前半は自分たちの守備の仕方も良かったけど、後半は相手がやり方を変えてきた中で、自分たちが後ろで重くなった。中で声をかけながらやり方を変えるべきだった」。そう悔いを語った鎌田は「僕自身ももっと後半チームが苦しくなったとき、ボールをキープして時間を作ってあげたり、ファウルをもらってあげたり、もっとできたと思う」と個人面の反省を語った。

 それでもA代表ではまだ8試合目。この経験を今後の糧にしていくつもりだ。「ボールの晒し方や止める位置はもうちょっと工夫できる」と課題を指摘した24歳は「自分もまだまだ思っているところに足りていないし、想像しているところには足りていない。チームに戻って成長していけたらいいなと思う」と力を込めた。

(取材・文 竹内達也)

TOP