beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

J3昇格はあと1枠…いわきFCとV三重、FC大阪が最終節に運命託す

このエントリーをはてなブックマークに追加

いわきFC、J3昇格の悲願は叶うか

 日本フットボールリーグ(JFL)は第29節までが終了し、今季の日程は今週末29日に行われる第30節を残すのみとなっている。

 先日行われたJリーグ理事会でJリーグ入会が条件付きで承認されたのは、いわきFC、ヴィアティン三重、FC大阪、奈良クラブ、テゲバジャーロ宮崎の5クラブ。最終順位で4位以上、さらにこの5クラブのうち上位2クラブに入れば、来季のJ3昇格が決まることになる。

 そしてテゲバジャーロ宮崎が一足早く上記の順位条件を充足。残す1枠を最終節で争うことになるが、奈良クラブは12位以下が決まっているために、いわきFC、ヴィアティン三重、FC大阪の3クラブに絞られたということになる。

 ただし3クラブはまず、4位以内を目指さなければいけない。現在の順位と最終節の対戦カードは以下のとおり。

1 V大分(29)+8
2 T宮崎(25)+8
3 ソニー(23)+2
4 Honda(22)+9
5 鈴鹿(21)+5
6 いわき(21)+3
7 三重(21)+2
8 FC大阪(20)+3

11月29日
T宮崎 13:00 いわき
ソニー 13:00 鈴鹿
Honda 13:00 岡崎
三重 13:00 高知
V大分 13:00 FC大阪

 いずれにせよ3クラブは他力が必要となる。最上位にいるいわきFCはT宮崎と引き分けても数字上は4位以内に入ることは出来るが、順位で上回らないといけないHondaFCとの得失点差が6あることから、ほぼ勝利のみが条件。その上で、他会場の試合結果を待つことになる。

 いわきと勝ち点で並ぶ三重も同じで、勝ち点1少ないFC大阪は、勝利した上でHondaが負け、鈴鹿、いわき、三重が引き分け以下終わればという条件になる。もっとも、3クラブはソニー仙台とHondaFCがともに勝利した時点で今回の昇格は消滅する。

 なお、JFL入会9年目のヴェルスパ大分が初優勝を確定させている。

TOP