beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

佳境の九州大学リーグは全国大会出場圏争いがし烈、上位4校が勝ち点1差で直接対決の多い残り2節へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡大のMF井上健太(4年=立正大淞南高/大分内定)

 九州大学サッカーリーグが佳境を迎えている。

 同リーグは新型コロナウイルスの影響で、前期リーグが中止。後期リーグの全11節のみとなり、現在9節までを消化しているが、首位に立つ日本文理大から4位の宮崎産業経営大までが勝ち点1差、5位の九州産業大も首位まで勝ち点3差となっている。

1 日本文理大(22)+23
2 鹿屋体育大(22)+19
3 福岡大(21)+18
4 宮崎産業経営大(21)+14
5 九州産業大(19)+9
6 東海大学熊本(15)0

 1月に行われる全国大会には九州からは4校が出場するが、まずはリーグ戦の上位3校が代表権を獲得。そして4位と5位は2部リーグの1位と2位、そして各県リーグ1位とのプレーオフに回るため、4枠の中でも上位3校に入るための戦いがし烈になっている。

 残り2節の組み合わせでは、12月6日の福岡大対鹿屋体育大の“九州学生クラシコ”など、直接対決も多く組まれている。主な対戦カードは以下の通り。

第10節
11月29日(日)
東海大学熊本 11:00 九州産業大[東海大学熊本 松前記念サッカー場]
鹿屋体育大 11:00 日本文理大[鹿屋体育大学グラウンド]
福岡大 14:30 宮崎産業経営大[福岡大学仮設サッカー場]

第11節
12月5日(土)
九州国際大 11:00 東海大学熊本[九州国際大学グラウンド]
九州産業大 11:00 日本経済大[九州産業大学グラウンド]
12月6日(日)
日本文理大 11:00 宮崎産業経営大[三光総合運動公園多目的広場]
福岡大 14:30 鹿屋体育大[駅前不動産スタジアム]

TOP