beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

J1制覇の次は天皇杯…川崎F登里、今季限りで引退の憲剛を「良い形で送り出したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF登里享平とMF中村憲剛

[11.25 J1第29節 川崎F 5-0 G大阪 等々力]

 引き分け以上でリーグ制覇が決まる一戦。先制点を導いたのは川崎フロンターレDF登里享平の左足だった。

 2位G大阪をホーム・等々力に迎えた一戦。序盤からゴールを脅かす場面を作り出すと、前半22分に試合を動かす。MF田中碧から左サイドでボールを呼び込んだ登里がゴール前を確認。「ダミアンがすごく良い動き出しをして、CBの昌子選手もラインを止めようとしていたので、その一瞬を見て判断した」。

 迷わず振った左足から蹴り出されたボールは、鋭い軌道を描いてゴール前へと向かう。DF昌子源とDFキム・ヨングォンの間を一気に駆け抜けたFWレアンドロ・ダミアンにピンポイントで届けられると、右足で合わせたボールはネットに突き刺さって値千金の先制ゴールが生まれた。

 勢いに乗ったチームはFW家長昭博のハットトリック、そしてMF齋藤学の今季リーグ戦初得点で突き放し、5-0の快勝でリーグ優勝を決めた。

 今季限りでの現役引退を発表しているMF中村憲剛のラストシーズンでのリーグ制覇に「一緒に喜べるのは嬉しい」と喜びを表しつつ、「天皇杯が最後の試合になると思うので、優勝して良い形で送り出したい」と次なる頂点を見据えた。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP