beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

メッシが亡くなったマラドーナさんに哀悼の意「彼はいなくならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWリオネル・メッシが哀悼の意

 バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが25日に自身のインスタグラム(@leomessi)を更新し、同日に亡くなった同胞のディエゴ・マラドーナさんに哀悼の意を表した。

 イギリス『BBC』によると、先月30日に60歳になったばかりのマラドーナさんは25日、ブエノスアイレス郊外の自宅で心臓発作を起こし、帰らぬ人となったという。3日に硬膜下血腫による手術を受け、11日に退院した後は自宅で静養を続けていた。

 メッシは母国の英雄に対し、インスタグラムで次のようにメッセージを送っている。

「すべてのアルゼンチン人にとって、そしてサッカー界にとって、とても悲しい日だ。彼は僕たちのもとを去っていくが、いなくなるわけではない。ディエゴの存在は永遠なのだから」

「僕は彼と過ごしたすべての美しい瞬間を記憶にとどめている。この機会に彼の家族と友人にお悔やみを伝えたいと思う。ご冥福をお祈りします」

 マラドーナさんは過去にアルゼンチン代表を率い、2010年の南アフリカW杯ではメッシと共闘していた。

●ラ・リーガ2020-21特集

TOP