beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本人3選手出場のマルセイユvsポルトは荒れた展開に…王者バイエルンは大会記録更新でGL突破:CL第4節2日目

このエントリーをはてなブックマークに追加

マルセイユはホームでポルトに敗れた

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループリーグ第4節2日目が25日に各地で行われた。

 A組では、昨季王者の首位バイエルンがホームで4位ザルツブルク(オーストリア)に3-1で快勝し、開幕4連勝。昨季から続く大会連勝記録を15に更新し、グループリーグ突破を果たした。ザルツブルクのMF奥川雅也はベンチ外となっている。2位アトレティコ・マドリー(スペイン)とロコモティフ・モスクワ(ロシア)の一戦はスコアレスドローに終わった。

 B組1位のボルシアMG(ドイツ)は2位シャフタール(ウクライナ)を4-0で下し、開幕4戦無敗(2勝2分)で首位をキープ。4位インテル(イタリア)とのアウェー戦を2-0で制した3位レアル・マドリー(スペイン)が1ポイント差の2位に浮上した。

 C組では首位マンチェスター・シティ(イングランド)が敵地で3位オリンピアコス(ギリシャ)に1-0で勝利。開幕4連勝で決勝トーナメント進出を決めている。

 また、他会場ではMF中島翔哉所属の2位ポルト(ポルトガル)がアウェーでDF長友佑都とDF酒井宏樹の所属する4位マルセイユ(フランス)と対決した。酒井が先発フル出場した一戦は、前半39分にDFザイドゥ・サヌシが決めてポルトが先制。その後、互いに1人ずつ退場者を出す荒れた展開になると、後半27分にMFセルジオ・オリベイラがPKを沈め、ポルトが2点をリードする。同33分には長友、同34分には中島が途中出場。スコアはそのまま動かず、ポルトが2-0で逃げ切った。開幕4連敗のマルセイユはグループリーグ敗退が決まっている。

 D組では首位リバプール(イングランド)がホームで3位アタランタ(イタリア)に0-2で敗れ、今大会初黒星を喫した。ベンチスタートのFW南野拓実は後半40分に途中出場。また、2位アヤックス(オランダ)は本拠地で4位ミッティラン(デンマーク)に3-1で快勝し、2連勝を飾った。

第4節
11月25日(水)
[グループA]
バイエルン 3-1 ザルツブルク
[バ]ロベルト・レワンドフスキ(42分)、オウンゴール(52分)、リロイ・サネ(68分)
[ザ]メルギム・ベリシャ(73分)


A・マドリー 0-0 ロコモティフ・モスクワ

[グループB]
ボルシアMG 4-0 シャフタール
[ボ]ラース・シュティンドル(17分)、ニコ・エルベディ(34分)、ブレール・エンボロ(46分)、オスカル・ベント(77分)

インテル 0-2 R・マドリー
[R]エデン・アザール(7分)、ロドリゴ・ゴエス(59分)

[グループC]
オリンピアコス 0-1 マンチェスター・C
[マ]フィル・フォーデン(36分)

マルセイユ 0-2 ポルト
[ポ]ザイドゥ・サヌシ(39分)、セルジオ・オリベイラ(72分)

[グループD]
リバプール 0-2 アタランタ
[ア]ヨシップ・イリチッチ(60分)、ロビン・ゴセンス(64分)

アヤックス 3-1 ミッティラン
[ア]ライアン・フラーフェンベルフ(47分)、ヌセア・マズラウィ(49分)、ダビド・ネレス(66分)
[ミ]アワー・マビル(80分)


●チャンピオンズリーグ(CL)20-21特集

TOP