beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

堂安複数の絶好機決めきれず悔しさあらわ…ビーレフェルトは7連敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

[11.28 ブンデス1部第9節 ライプツィヒ2-1ビーレフェルト]

 日本代表MF堂安律の所属するビーレフェルトは敵地でライプツィヒと対戦し、1-2で敗れた。堂安は後半30分で途中交代だった。

 絶好機を決めきることが出来なかった。開始早々のチャンスを決めきれなかった堂安は、1点を追う前半44分にもDFの裏に抜けてGKと1対1を迎える。しかしコースを狙ったシュートが枠左に外れると、思わず看板を蹴って悔しさをあらわにする。

 更に点差が広がって迎えた後半13分にもMFラインホルト・ヤーボのドリブル突破からパスを受けた堂安がゴール前でシュートを打つが、DFに阻まれて決めきることができない。

 後半30分に堂安が交代した直後にビーレフェルトはFWファビアン・クロスが得点して1点を返したが、勝利を掴むことはできず。チームは7連敗を喫した。 

●海外組ガイド●ブンデスリーガ2020-21特集

TOP