beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

マフレズがハットのマンC、今季最多5発快勝で3試合ぶり白星

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハットトリックを達成したマンチェスター・シティのFWリヤド・マフレズ

[11.28 プレミアリーグ第10節 マンチェスター・C 5-0 バーンリー]

 プレミアリーグは28日、第10節を行い、マンチェスター・シティバーンリーをホームに迎えた。前半6分に先制したマンチェスター・Cは同22分、同41分に加点して前半だけで3点のリードを奪うと、後半も2点を加点して5-0の完封勝利を収めた。

 ホームのマンチェスター・Cが前半6分にいきなり先制点を奪取する。ハーフウェーライン付近でボール奪取を成功させると、左サイドからMFロドリ、FWフェラン・トーレス、MFケビン・デ・ブルイネとつなぎ、最後はPA内でボールを受けたFWリヤド・マフレズが左足で流し込み、スコアを1-0とした。

 攻撃の手を緩めないマンチェスター・Cは前半22分、DFカイル・ウォーカーのスローインをPA内で受けたマフレズが巧みなタッチで相手2人をかわし、左足で蹴り込んで2点目。さらに同41分には右サイドからデ・ブルイネが送ったクロスをファーサイドのDFベンジャミン・メンディが左足ボレーで沈め、リードを3点差に広げた。

 3-0のまま後半を迎えると、同21分にマンチェスター・Cが追加点を奪取。右サイドを駆け上がったウォーカーの折り返しを受けたFWガブリエル・ジェズスが相手数人に囲まれながらも左に流すと、反応したF・トーレスが右足で蹴り込んでスコアは4-0となった。

 後半24分には左サイドからMFフィル・フォーデンが送ったクロスをマフレズがヘディングで突き刺し、ハットトリックを達成。今季最多となる5ゴールを記録したマンチェスター・Cに追加点こそ生まれなかったものの、バーンリーの反撃を許さずに5-0の完封勝利を収めて3試合ぶりの白星を獲得した。

●プレミアリーグ2020-21特集

TOP