beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

U-16代表候補合宿経て意識変化。大津の189cmFW小林俊瑛が高さ発揮し、「1試合1得点」のノルマもクリア

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-16日本代表候補合宿を経験した189cmストライカー、大津高FW小林俊瑛

[11.29 球蹴男児U-16リーグプレーオフ 日章学園高 2-4 大津高 大津運動公園]

 U-16日本代表候補合宿を経験した189cmストライカーは、より意識の高い日々を過ごしているようだ。大津高FW小林俊瑛(1年)は今月、U-16日本代表候補合宿に初招集。「自分より上のレベルでやっている子もいるので、その中で自分が通用することや課題ははっきりしました。そこをチームに持ってきてどう改善していくか、また意識するために練習意欲などは変わりました」と語る。
 
 まずは代表チームのミーティングで学んだこと、コンディショニングや身体のケアを自ら実践。ともに大津の攻撃の中心を担うMF田原瑠衣(1年)が「身近な存在の人が代表に選ばれている。自分の持ち味をしっかりと出して小林と一緒にゴールに向かっていければと思っています」と語り、また木村優成コーチも“小林効果”を認めていたが、彼の代表候補選出は大津の1年生たちに良い刺激を与えている。

 この日、小林は代表候補合宿で自信を得た武器で存在感。ハイボールで競り勝ち続け、ボールをサイドプレーヤーへしっかりとつけて見せるシーンもあった。「代表でもヘディングのところはあんまり負けなくて、きょうの試合でもあんま負けなかったんですけれども、そこは良かったというのはあります」。前半はボールに絡むシーンが少なかったが、後半は前線で収めてポストプレーも。そして、試合終了間際に貴重なゴールを決めた。

 1点差とされて迎えた後半アディショナルタイム、左サイドを抜け出したMF香山太良のラストパスを1タッチでゴールへ。「結果を残していかないと次も代表に呼ばれることはないし、1試合1得点はノルマだと思います」という目標を達成した。

 小林は神奈川県の藤沢市立鵠沼中出身。2年前の選手権全国大会で、大津が神奈川県代表の桐光学園高を5-0で破った試合に衝撃を受けたという。また、当時の大津の主力FWで190cm近い高さを持つFW大崎舜(現福岡大)の活躍を確認。「自分と同じような体格であれだけできるというのが分かって、自分もそこでやってみたいと思った」と大津への進学を意識するようになった。

 大津では技術も意識面もレベルの高い先輩たちから学び、自分の特長であるヘディングを磨く日々。課題の守備やオフ・ザ・ボールの動きを改善し、FWロベルト・レワンドフスキ(バイエルン)やFW小林悠(川崎F)の良さを身につけることを目指している。U-16代表候補合宿で同世代のトッププレーヤーたちを目の当たりにし、進化の速度を早めようとしている小林。短期間でも成長を遂げ、ルーキーリーグ全国大会や新人戦でその進化を示す。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
2020 球蹴男児U-16リーグ特集ページ

TOP