beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

現役引退のDF岩下敬輔が古巣・清水へメッセージ「健太がタイトルをとってくれると…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥栖DF岩下敬輔が古巣・清水へメッセージ

 30日に今季限りでの現役引退を発表をしたサガン鳥栖のDF岩下敬輔が、プロキャリアスタートから7年半を過ごした清水エスパルスのサポーター、関係者にメッセージを送った。

 岩下は、2005年に鹿児島実高から清水に加入し、サンバの応援を背にJ1リーグ127試合に出場。在籍時の2009年には日本代表にも選出された。

 以下、清水公式ウェブサイトを通じて送られたメッセージ全文。

「清水エスパルスの皆さん岩下敬輔です!お久しぶりです!エスパルスを離れてもう9年近くになりますが、僕のプロ生活の16年間、サンバのリズムと初めて自分のチャントを作って貰った喜びは今でも強く残っています。清水は本当に最高の街で、どこにいてもファンの皆さんがいて、試合に勝った週にお酒を飲んでいたらファンの方が乾杯しに来てくれたり、食べ物をサービスで頂いたり、負けた週は飲んでる暇があったら練習しろって怒られたり。そんな感じで今の僕を育ててもらいました」

「これからも僕の地元は、プロ生活で1番長く過ごした清水です!僕がいた7年半では準優勝しかできませんでしたが、これから健太が頑張ってタイトルをとってくれると信じてます!健太って言うと、僕の場合、長谷川監督の方と思いがちですが、今回は西澤です!期待してます!清水エスパルスの皆さん、サポーターの皆さん、今まで本当に沢山の応援、ありがとうございました!」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP