beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

南野拓実に必要なのはチアゴ? 元リバプールFW「今は良いポジションでも受けられていないが…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

リバプールFW南野拓実

 現役時代にリバプールでプレーしたエミール・ヘスキー氏は、MFチアゴ・アルカンタラがFW南野拓実を助けられると主張した。

 2020年1月、ザルツブルクからリバプールに加入した南野。当時、前シーズンのチャンピオンズリーグ王者であり、プレミアリーグの首位を走るチームに加入したが、多くのチャンスはなく結果を残せないまま1シーズン目を終えた。迎えた今シーズン、コミュニティ・シールドで得点を挙げるなど評価を高めた同選手だが、与えられた出場機会でインパクトを残すことに苦戦し、ベンチ外を経験するなど苦しい状況が続いている。

 日本人として初めて入団したプレミアリーグの名門リバプールで苦悩に直面する南野について、アンフィールドでプレーした元イングランド代表FWヘスキー氏は、イギリス『Rousing the Kop』に対してチアゴ・アルカンタラの存在が重要になると持論を説いた。

「彼が特定の場面で深すぎる位置にいるように見える。彼を9番や10番として考えているが、深すぎる位置でボールを受けている。ちゃんとしたポジションを取っていても、ボールを受けられない、良いタイミングで受けられていない」

「だから、彼はボールを引き出すためにポジションを下げていて、これが試合の流れに乗れない原因になっている。しかし、必ずしも彼のミスというわけではない。なぜなら、彼は良いポジションにいるけど、ボールを受けられないんだ」

「チアゴが横や後ろを向いてプレーしたりすることはとても稀だから、彼なら(南野を)助けられると思う。彼はギャップの間を通す鋭いパスを使おうとする選手だ。ラインの間でプレーする選手を彼なら見つけられるし、いくら選手が密集している場所でも彼ならターゲットを見つけ出すことを苦としない」

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP