beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東]小林悠世代以来の1部昇格目前の拓殖大がコロナ陽性で活動休止も…6日は試合なしで昇格決定か

このエントリーをはてなブックマークに追加

 関東大学サッカーリーグ2部の拓殖大のチーム関係者1名に、新型コロナウイルスの陽性反応が出たことが分かった。サッカー部は一定期間の活動が停止となるため、6日に予定していた第20節の産業能率大戦が延期となる。

 拓殖大は今季、2部リーグで勝ち点43をあげて2位。現在川崎フロンターレでプレーするFW小林悠らを擁した2009年以来の1部昇格が間近に迫っていた拓大だが、思わぬタイミングで足踏みすることになった。

 ただし、6日に行う首位の流通経済大対3位東洋大の試合で、東洋大が引き分け以下に終われば、流経大とともに拓大の1部昇格も決まることになる。

●第94回関東大学L特集

TOP