beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

久保建英、ビジャレアル同僚MFとの比較でスペイン紙から酷評「大きな失望に」

このエントリーをはてなブックマークに追加

スペイン紙がMF久保建英を評価

 ビジャレアルのMF久保建英はサミュエル・チュクウェゼと比較され、スペイン『マルカ』では「大きな失望」と表現されている。

 先日、ビジャレアルのウナイ・エメリ監督はチュクウェゼと久保について言及。「改善につなげる経験が必要」などと話し、進化を求めていた。そんな中、3日にヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第5節シバススポル戦が行われ、久保はチュクウェゼとともに先発した。

 だが、この試合で右サイドに入った久保は見せ場を作ることができず、後半13分に途中交代。一方の同31分までプレーしたチュクウェゼは30分に決勝弾を挙げる活躍を見せた。すると、『マルカ』では「ナイジェリア人がコインの表となった一方で、日本人はビジャレアルの大きな失望となった」と表現している。

 さらに、2人についての比較を続け、「チュクウェゼは得点し、監督からのチャレンジに成功した。反対側に位置した久保は、全く気づかれず、新たなチャンスを活かすことはできなかった」と記している。

 今季は公式戦全試合で出場機会を得ている久保。ELでは1ゴール3アシストと好調を維持していたが、今節ではアピールに失敗している。

●海外組ガイド
●ラ・リーガ2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP