beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

苦しんだ福岡、2点ビハインドから終盤同点劇! 3位との勝ち点差は2に縮まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
[12.6 J2第39節 福岡2-2金沢 ベススタ]

 J2リーグは6日、第39節を行い、2位の{[c|アビスパ福岡}}がツエーゲン金沢と2-2で引き分けた。2点ビハインドで試合が進む苦しい展開となったが、終盤の同点劇で勝ち点1をもぎ取った。

 前節で3位との勝ち点差を4に広げ、5年ぶりのJ1昇格に向けて走る福岡だが、この日は厳しい展開でスタートした。前半27分、右サイドでの突破を許してDF渡邊泰基のクロスをFW杉浦恭平に決められて先制されると、前半はボールを支配しながらも無得点。後半は3枚替えで勝ち越しを狙ったが、同4分にセットプレーからDF石尾崚雅に決められ、2点のビハインドを負った。

 ところが終盤に猛烈な反撃を見せた。後半39分、セットプレー崩れからMFエミル・サロモンソンのクロスにMF田邉草民がダイレクトで合わせて1点を返すと、同42分にはFW遠野大弥が長い距離のドリブル突破から田邉とのワンツーで決定機を迎え、左足シュートで同点弾。わずか4分間でスコアをイーブンに戻した。

 その後は金沢が勢いを取り戻して優勢に試合を進めたものの、2-2のままタイムアップ。福岡が辛うじて勝ち点1を確保した。他会場では3位のV・ファーレン長崎が勝利したため、昇格ラインとの勝ち点差は2に縮まった。福岡は今後、京都、愛媛、徳島と対戦する。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP