beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プリンスリーグ四国]首位決戦を2-0で制した徳島ユースが2連覇!:第9節

このエントリーをはてなブックマークに追加
 高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2020 四国は5日、第9節(最終節)を行い、徳島ヴォルティスユース(徳島)が2年連続の優勝を決めた。徳島は勝ち点1差の2位・カマタマーレ讃岐U-18(香川)と対戦。前半6分にFW藤崎琉依が先制点を決めると、後半12分にもMF藤田樹のアシストからFW鶴田剛生が加点した。讃岐にシュート11本を放たれたものの、無得点に封じた徳島が2-0で勝利。8勝1敗で優勝を果たした。

 交代出場のDF柳垣厚喜の決勝点によって大手前高松高(香川)に勝利した今治東中等教育学校(愛媛)が3位。暫定4位の四国学院大香川西高(香川)は高知高(高知)と1-1で引き分けた。また、愛媛FC U-18(愛媛)対徳島市立高(徳島)も0-0で引き分け。尽誠学園高(香川)は、試合終盤の連続ゴールで高知中央高(高知)を破り、初白星を挙げている。

 現在、讃岐のFW川田脩斗と香川西のDF佐藤敬太が8得点で得点ランキング首位タイ。リーグ戦は未消化の3試合を残している。

【第9節】
(12月5日)
[四国学院大学グラウンド]
高知 1-1 四学香川西
[高]角田颯磨(71分)
[四]佐藤敬太(80分)

[徳島市立高グラウンド]
愛媛U-18 0-0 徳島市立

今治東 3-2 大手前高松
[今]伊藤吏輝(43分)、本那脩(52分)、柳垣厚喜(58分)
[大]松田築(5分)、冨永仁(84分)

[徳島スポーツレッジ(人工芝)]
徳島ユース 2-0 讃岐U-18
[徳]藤崎琉依(6分)、鶴田剛生(57分)

尽誠学園 2-1 高知中央
[尽]岡崎航也(87分)、福家大翔(88分)
[高]米崎希星(90+4分)

▼関連リンク
●高円宮杯プレミア&プリンスリーグ2020特集ページ

TOP