beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

長谷部連続フル出場でフランクフルトの10試合ぶり勝利に貢献!!鎌田は今季初めて出番なし

このエントリーをはてなブックマークに追加

フランクフルトが10試合ぶりの勝利

[12.19 ブンデスリーガ第13節 アウクスブルク0-2フランクフルト]

 ブンデスリーガは19日に第13節を行い、日本代表MF鎌田大地とMF長谷部誠が所属するフランクフルトアウクスブルクと対戦し、2-0で勝利した。長谷部は2試合連続のフル出場。鎌田は2試合連続でベンチスタートとなり、今季初めて出場しなかった。

 15日のボルシアMG戦で終了間際に勝ち星を落としたフランクフルトは中3日の連戦となったが、後半8分に幸運な形で先制に成功した。MFアイメン・バルコックの浮き球に抜け出したFWアンドレ・シウバがPA右ゴールライン際から折り返すと、相手DFがクリアを試みたボールがゴールマウスへと吸い込まれた。

 オウンゴールで試合を動かすと、後半42分にはMFシュテフェン・ツバーのクロスをMFシュテファン・イルザンカーが左足で押し込み、勝利を決定付けた。長谷部はフル出場でクリーンシートに貢献。フランクフルトは2-0の完封勝利をおさめ、年内最後のリーグ戦で10試合ぶりの白星を飾った。 

●ブンデスリーガ2020-21特集
●海外組ガイド

TOP