beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関西]関学大が関大を撃破! 岡島&本山の2得点で逆転成功! 阪南大も立命大に4発逆転:後期延期分

このエントリーをはてなブックマークに追加

逆転ゴールを決めた関学大DF本山遥(3年=神戸U-18)

第98回関西学生サッカーリーグ1部


 第98回関西学生サッカーリーグ1部の延期分が6日に行われた。関西学院大関西大と対戦し、2-1で勝利を収めた。

 今節は延期試合を2試合実施。関学大と関大の対戦は、関大が前半11分に先制点を決める。MF青木真生都(3年=東福岡高)、MF松本歩夢(4年=G大阪ユース)とパスが渡り、最後はMF沼田駿也(3年=摂津高)がシュートを決め切った。

 後手に回った関学大だが、冷静さを失わず。前半30分にはFW岡島温希(2年=浜松開誠館高)が同点ゴールを挙げる。さらに、その8分後にはMF渡邉英祐(3年=金光大阪高)の右CKをDF本山遥(3年=神戸U-18)が合わせ、関学大が2-1と試合をひっくり返した。

 立命館大阪南大の対戦は、立命大が先制。前半8分にFW鈴木太我(4年=桐光学園高)がドリブルからシュートを決める。しかしその後は阪南大が試合を支配。同27分、34分とMF原耕太郎(2年=西尾高)がゴールネットを揺らし、逆転に成功。前半を2-1で折り返す。

 さらに阪南大は後半13分、MF工藤蒼生(2年=仙台ユース)のアシストをDF山口和樹(2年=C大阪U-18)が決め切り、3-1に。その2分後にはFW松原大芽(2年=作陽高)のパスをMF稗田圭吾(4年=福岡U-18)がダメ押しのゴール。阪南大が大差をつけて4-1で快勝した。

 関西学生リーグの1月の全国大会出場枠は、上位4チームと、リーグ参加全チームによる決定戦を勝ち抜いた代表1チームの5枠。現在、優勝を決めた大阪体育大と4位以内確定の甲南大の全国大会出場が決定している。上位枠残り2つは、阪南大、桃山学院大、関学大に可能性が残されている。

結果は以下のとおり
【延期分】
※無観客開催のため、日時および場所は非公表
関西学院大 2-1 関西大
[学]岡島温希(30分)、本山遥(38分)
[西]沼田駿也(11分)

立命館大 1-4 阪南大
[立]鈴木太我(8分)
[阪]原耕太郎2(27分、34分)、山口和樹(58分)、稗田圭吾(60分)

・12月6日時点での暫定順位は下記のとおり ※は消化試合数
☆1位:大阪体育大    :勝ち点24/率2.182 ※11試合
2位:阪南大      :勝ち点20/率2.000 ※10試合
☆3位:甲南大      :勝ち点20/率1.818 ※11試合
4位:桃山学院大     :勝ち点20/率1.818 ※11試合
5位:びわこ成蹊スポーツ大 :勝ち点19/率1.727 ※11試合
6位:立命館大     :勝ち点17/率1.700 ※10試合
7位:関西学院大     :勝ち点17/率1.700 ※10試合
8位:関西大       :勝ち点10/率1.111 ※9試合
9位:京都産業大     :勝ち点11/率1.100 ※10試合
10位:同志社大     :勝ち点12/率1.091 ※11試合
11位:大阪学院大    :勝ち点7 /率0.636 ※11試合
12位:近畿大      :勝ち点1 /率0 ※0試合

●第98回関西学生リーグ特集

TOP