beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

メッシがユニ交換した相手は? 注目対決のC・ロナウドではなく…

このエントリーをはてなブックマークに追加

約2年半ぶりに対決したFWリオネル・メッシとFWクリスティアーノ・ロナウド

[12.8 欧州CL第6節 バルセロナ0-3ユベントス]

 バルセロナ(スペイン)は8日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループG第6節でユベントス(イタリア)をホームに迎え、0-3で敗れた。首位通過を懸けた一戦を落とし、今大会初黒星。ユベントスに首位の座を明け渡し、2位での決勝トーナメント進出となっている。

 この試合では2018年5月のエル・クラシコ以来、約2年半ぶりとなったFWリオネル・メッシとFWクリスティアーノ・ロナウドの直接対決に注目が集まったが、メッシが試合後にユニフォームを交換した相手は、2ゴールを挙げた長年のライバルではなくGKジャンルイジ・ブッフォンだった。

 試合終了のホイッスルが鳴ると、メッシはブッフォンと握手をして抱き合い、先にユニフォームを脱いで元イタリア代表GKと交換。互いに健闘を称え合った。

 メッシはこの試合でバルセロナの枠内シュート7本のすべてを自身で記録したが、今大会初出場のブッフォンがことごとくセーブ。41歳のアンドレア・ピルロ監督よりも年上の42歳GKが敵地でクリーンシートを達成し、改めて健在ぶりをアピールした一戦でもあった。


●チャンピオンズリーグ(CL)20-21特集
●ラ・リーガ2020-21特集
●セリエA2020-21特集

TOP