beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ネイマールが新スパイクを履いた! 着用したのはプーマキングではなく…

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネイマールが新たに選んだスパイクは…


[12.8 欧州CL第6節 パリSG-バシャクシェヒル]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループリーグ第6節が8日に各地で開催され、勝ち点9で3チームが並ぶ大混戦のグループHではパリSG(フランス)とバシャクシェヒル(トルコ)が対戦した。勝ち点9のパリSGは、すでに敗退が決定している最下位のバシャクシェヒルに勝利すれば、自力で決勝トーナメント進出を決める状況で最終節を迎えたが、前半途中から試合は中断している。

 試合中断という形で注目を浴びた試合だったが、もう一つ気になる点があった。FWネイマール(パリSG)のスパイクだ。

 9月、ナイキからプーマに電撃移籍したネイマールは当初、プーマ『キングプラチナム』を着用していた。※シグネチャーモデルを着用



 このまま『キングプラチナム』を着用していくと思われたが、驚くことに別のモデルに履き替えられた。しかも、既存モデルのプーマ『フューチャー 6.1』ではなく、新たな『フューチャー』シリーズのスパイクのようだ。



 インサイドには大きく「FUTURE」の英字ロゴが表現され、かかとには「ネイマールロゴ」も印字。新スパイクの登場を予感させた。



 すると、プーマも同日、公式発表でこの試合にネイマールが着用したスパイク「FUTURE Z(フューチャーゼット) 1.1」を発表した。この新スパイクがネイマールのシグネチャーモデルであることもあわせて発表。


 既存の『フューチャー6.1』とは大きく異なる点も公表された。

 つま先に適応する「FUZIONFIT(フュージョンフィット)」と圧縮性バンドが、究極のフィット感と敏捷性を実現し、Z字型ダイナミックモーションシステムを搭載したアウトソールは、摩擦やダイナミックな多方向の動きに対応。「GripControlPro(グリッドコントロールプロ)」が、優れたタッチとボールコントロールを可能にする。


 今後、通常モデルがいつ登場するかはまだ発表されていないが、『フューチャー』シリーズが次のステージに行くことは間違いなさそうだ。

【商品詳細】※通常モデル
▼プーマ『キングプラチナム』
価格:税込¥24,200

スパイクの詳細を見る 

▼プーマ『フューチャー 6.1 FG/AG』
価格:税込¥23,100

スパイクの詳細を見る


●スパイク専門オンラインストア
 『ゲキサカFC STORE』

TOP