beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

出場校チーム紹介:高川学園高(山口)

このエントリーをはてなブックマークに追加

山口連覇を果たした高川学園高

第99回全国高校サッカー選手権

高川学園高(山口)

高川学園高関連ニュース


高川学園高写真ニュース

▼全国大会日程
1回戦 2-2(PK7-8)昌平高(埼玉)
■出場回数
2年連続26回目
■過去の最高成績
4強(05、07年度)
■その他、過去の主な全国大会成績
インターハイ4強2回(99、02年)、インターハイ出場23回、全日本ユース(U-18)選手権4強(02年)
■監督
江本孝
■主将
MF新山大地(3年)
■今季成績
[リーグ戦](12月11日時点)
山口県1部リーグ5位(3勝1敗)
[新人戦](県3回戦敗退)
3回戦 3-4 岩国高
■予選成績
1回戦 7-0 大島商船高
2回戦 19-0 萩高
3回戦 2-0 小野田工高
準々決勝 2-1 聖光高
準決勝 4-0 慶進高
決勝 1-0 西京高
■都道府県予選決勝布陣&決勝メモ
[4-4-2]
    中山桂吾 宗田海音

清永和暉         林晴己
   末永章太郎 新山大地

奥野奨太        千々松蓮
    加藤寛人 田中誠太郎

      古屋潤一
[決勝メモ] 
 西京高との4年連続の決勝対決。主導権を握って攻める高川学園に対し、西京は堅い守りからFW米田大和(3年)のスピードを活かしてカウンターを狙う。高川学園はセットプレーやMF林晴己(2年)のチャンスメークでゴール前のシーンを作り出したが、なかなか西京ゴールをこじ開けることができない。それでも後半アディショナルタイム、右SB千々松蓮(3年)のクロスを交代出場の2年生FW西澤和哉が右足ダイレクトで右隅に決めて1-0で連覇を果たした。
MOM:FW西澤和哉(2年)
「劇的決勝ゴール」

■予選取材記者(石倉利英氏)チーム紹介
「3回戦敗退からのリベンジ」
 2月の新人戦で3回戦(ベスト16)敗退を喫する苦しいスタートを切った新チームは、その後も新型コロナウイルスの影響で練習試合がキャンセルとなるなど、実戦経験を多く積むことができず。しかし「その分、コミュニケーションを取る時間が多くあった。気持ちを切らさず、しっかりやってくれた」と江本孝監督が評する選手たちの姿勢で強化が進み、『3回戦敗退からのリベンジ』を掲げた選手権予選を勝ち抜き、2年連続出場につなげた。ピッチの横幅をいっぱいに使いながらゴールに迫る攻撃は例年通りの持ち味で、MF新山大地(3年)を中心にボールを保持しながら相手ゴールに迫る。DF田中誠太郎(3年)、GK古屋潤一(3年)を軸に守備も堅く、2回戦で敗れた昨年度を上回る成績を目指す。
■予選取材記者(石倉利英氏)注目選手
成長著しい左SB
DF奥野奨太(2年)
「春からの成長が著しい左SB。落ち着いたボールコントールと正確なキックを生かしてビルドアップに参加する」

高川の精神的支柱
MF新山大地(3年)
「優れた状況判断と正確な技術、チームのために戦う姿勢で中盤を支えるキャプテン。精神的にもチームを引っ張る」

「違う感覚」持つアタッカー
FW林晴己(2年)
「江本監督が『違う感覚を持っている』と評するアタッカー。小気味良いドリブル突破を駆使して敵陣を攻略する」

■過去の全国大会成績
【19年度 第98回(2回戦敗退)】
1回戦 1-0 北海高(北海道)
2回戦 0-1 仙台育英高(宮城)
【17年度 第96回(2回戦敗退)】
1回戦 1-1(PK5-3)清水桜が丘高(静岡)
2回戦 1-2 長崎総合科学大附高(長崎)
【16年度 第95回(1回戦敗退)】
1回戦 1-2 鹿島学園高(茨城)
【14年度 第93回(2回戦敗退)】
1回戦 2-1 都市大塩尻高(長野)
2回戦 2-3 日大藤沢高(神奈川)
【11年度 第90回(2回戦敗退)】
2回戦 0-2 矢板中央高(栃木)
【07年度 第86回(4強)】
1回戦 3-0 岐阜工高(岐阜)
2回戦 2-1 近大附高(大阪)
3回戦 2-1 埼玉栄高(埼玉)
準々決勝 2-0 遠野高(岩手)
準決勝 0-1 藤枝東高(静岡)
【06年度 第85回(2回戦敗退)】
2回戦 2-5 室蘭大谷高(北海道)
【05年度 第84回(4強)】
2回戦 2-1 流通経済大柏高(千葉)
3回戦 3-2 青森山田高(青森)
準々決勝 2-1 鹿島学園高(茨城)
準決勝 0-1 野洲高(滋賀)
【04年度 第83回(8強)】
2回戦 1-0 東海大三高(長野)
3回戦 3-2 羽黒高(山形)
準々決勝 1-2 鹿児島実高(鹿児島)
【03年度 第82回(1回戦敗退)】
1回戦 2-3 札幌一高(北海道)
【02年度 第81回(2回戦敗退)】
1回戦 1-1(PK3-2)静岡学園高(静岡)
2回戦 2-3 桐蔭学園高(神奈川)
【01年度 第80回(1回戦敗退)】
1回戦 1-3 東北高(宮城)
【00年度 第79回(1回戦敗退)】
1回戦 0-0(PK3-5)青森山田高(青森)
【99年度 第78回(2回戦敗退)】
1回戦 2-1 大船渡高(岩手)
2回戦 0-1 初芝橋本高(和歌山)
【98年度 第77回(1回戦敗退)】
1回戦 1-2 青森山田高(青森)
【97年度 第76回(1回戦敗退)】
1回戦 0-2 前橋商高(群馬)
【96年度 第75回(1回戦敗退)】
1回戦 1-2 韮崎高(山梨)
【95年度 第74回(8強)】
1回戦 4-0 青森山田高(青森)
2回戦 2-2(PK5-4)盛岡商高(岩手)
3回戦 0-0(PK4-3)耳成高(奈良)
準々決勝 2-3 初芝橋本高(和歌山)
【94年度 第73回(3回戦敗退)】
1回戦 2-1 秋田商高(秋田)
2回戦 1-0 香川西高(香川)
3回戦 0-2 宮崎工高(宮崎)
【93年度 第72回(8強)】
2回戦 0-0(PK4-2)修徳高(東京B)
3回戦 1-1(PK3-1)高松商高(香川)
準々決勝 0-0(PK3-5)国見高(長崎)
【87年度 第66回(1回戦敗退)】
1回戦 0-1 新潟工高(新潟)
【83年度 第62回(3回戦敗退)】
1回戦 4-0 鶴岡南高(山形)
2回戦 3-0 富山一高(富山)
3回戦 0-0(PK7-8)安積商高(福島)
【80年度 第59回(1回戦敗退)】
1回戦 0-2 韮崎高(山梨)
【64年度 第43回(1回戦敗退)】
1回戦 1-2 仙台育英高(宮城)
【61年度 第40回(1回戦敗退)】
1回戦 1-5 松本県ヶ丘高(長野)
■登録メンバーリスト
1 GK 古屋潤一(3年)
2 FW 武藤尋斗(1年)
3 DF 加藤寛人(2年)
4 DF 幸田爽史(3年)
5 DF 田中誠太郎(3年)
6 DF 奥野奨太(2年)
7 FW 梅田琉空(3年)
8 FW 福地優雅(3年)
9 FW 中山桂吾(2年)
10 MF 林晴己(2年)
11 MF 清永和暉(3年)
12 DF 江崎透吾(2年)
13 MF 新山大地(3年)
14 MF 末永章太郎(3年)
15 DF 千々松蓮(3年)
16 FW 辻力哉(2年)
17 GK 徳若碧都(2年)
18 DF 高鍋冴我(2年)
19 MF 北健志郎(2年)
20 FW 小澤颯太(2年)
21 GK 田代湧二(2年)
22 FW 石村璃空(3年)
23 DF 安倍慎之助(3年)
24 DF 田島黎門(2年)
25 MF 柴田涼(3年)
26 DF 那須太陽(2年)
27 MF 西澤和哉(2年)
28 FW 宮守涼平(3年)
29 FW 宗田海音(3年)
30 FW 藤井雄大(3年)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

TOP