beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

出場校チーム紹介:明徳義塾高(高知)

このエントリーをはてなブックマークに追加

4年ぶりの全国に挑戦する明徳義塾高

第99回全国高校サッカー選手権

明徳義塾高(高知)

明徳義塾高関連ニュース


明徳義塾高写真ニュース

▼全国大会日程
1回戦 2-0 東海学園高(愛知)
2回戦 0-2 帝京大可児高(岐阜)
■出場回数
4年ぶり8回目
■過去の最高成績
8強(15年度)
■その他、過去の主な全国大会成績
インターハイ出場9回
■監督
小松晃
■主将
MF松下総龍(3年)
■今季成績
[リーグ戦]
高知県1部リーグ優勝(8勝1分)
[新人戦](県初戦敗退)
2回戦 0-1 高知西高
■予選成績
1回戦 21-0 清水高
2回戦 2-1 高知工高
準々決勝 9-0 高知学芸高
準決勝 4-1(延長)高知高
決勝 3-1 高知西高
■都道府県予選決勝布陣&決勝メモ
[5-2-3]
     ホン・ジョンウク
   持田憲伸    泉幸輝
    田岡拓馬  林由斗
和田聖生           川村利斗
   岡崎航大    松下総龍
       牧野太智
  
       禿蒼生
[決勝メモ] 
 先制したのは2年ぶりの優勝を狙う高知西高だった。前半39分、左サイドからのFKをMF岡本青龍(3年)が直接決めて1-0。だが、明徳義塾は後半16分、MF田岡拓馬(3年)を起点とした攻撃からMF原山元(2年)の折返しをFW喜納瑠唯(3年)が右足で決めて同点に追いつく。さらに後半25分、左クロスのこぼれ球をDF岡崎航大(3年)が右足でゴールへ突き刺して逆転。試合終了間際にもFW泉幸輝(3年)が巧みなターンから決めて3-1で勝利している。

MOM:GK禿蒼生(3年)
「“折れない”守護神」

■予選取材記者(森田将義氏)チーム紹介
5バックで守り、攻めて4年ぶりV
 4バックが定番のチームだが、今年は予選直前から3バックに変更し、「5バックで守り、5バックで攻める」(小松晃監督)スタイルを目指した。始めた当初は慣れないサッカーに戸惑いもあったが、「やっていくうちに、この形が良かったと思えるようになっていった」(FW泉幸輝、3年)。収穫は攻撃の厚みが増した点で、FWホン・ジョンウク(3年)のポストプレーから泉、FW持田憲伸(3年)が相手ゴールへと仕掛ける動きは迫力十分。ウイングバックを加えた5人で自陣を固める守備からのカウンターも、上手く機能した。
 全国大会への出場を逃してきた近年はチームの雰囲気も良好とは言えなかったが、日常からコミュニケーションを増やし、改善。粘り強い予選の勝ち上がりも上向きの雰囲気を更に良くさせ、4年ぶりの選手権に繋がった。勢いのまま全国に挑めれば、県勢としては5年ぶりの白星も十分に可能だ。
■予選取材記者(森田将義氏)注目選手
気持ちでカバーのストッパー
MF松下総龍(3年)
「167cmの身長を気持ちでカバーするヘディングの強さが魅力。本職はボランチであるため、ビルドアップの質も高い」

全中で1試合4発のFW
FW泉幸輝(3年)
「前向きでのドリブル突破が光るセカンドストライカー。全国大会への出場は、附属中学の3年時に経験した全中以来。初戦で4点を奪った当時の再現を狙う」

速攻のフィニッシュ役
FW持田憲伸(3年)
「スピードを活かしたDF裏への飛び出しが持ち味。前向きでのボール奪取から、彼をいかに走らせることができるかが攻撃の鍵」

■過去の全国大会成績
【16年度 第95回(1回戦敗退)】
1回戦 0-3 前橋育英高(群馬)
【15年度 第94回(8強)】
2回戦 1-0 正智深谷高(埼玉)
3回戦 3-0 各務原高(岐阜)
準々決勝 0-3 星稜高(石川)
【14年度 第93回(2回戦敗退)】
2回戦 1-2 水橋高(富山)
【10年度 第89回(2回戦敗退)】
2回戦 0-2 流通経済大柏高(千葉)
【05年度 第84回(2回戦敗退)】
1回戦 1-1(PK7-6)帝京長岡高(新潟)
2回戦 1-6 浦和東高(埼玉)
【01年度 第80回(1回戦敗退)】
1回戦 0-3 岐阜工高(岐阜)
【00年度 第79回(3回戦敗退)】
1回戦 4-1 中京大中京高(愛知)
2回戦 0-0(PK5-3)市立船橋高(千葉)
3回戦 1-2 東北高(宮城)
■登録メンバーリスト
1 GK 禿蒼生(3年)
2 DF 藏元陸人(2年)
3 DF 西村崇聖(3年)
4 DF 牧野太智(2年)
5 DF 岡崎航大(3年)
6 DF 松下総龍(3年)
7 DF 和田聖生(3年)
8 MF 川村利斗(3年)
9 FW 泉幸輝(3年)
10 FW 喜納瑠唯(3年)
11 FW 持田憲伸(3年)
12 GK 山下琉弥(3年)
13 MF 和田翔生(3年)
14 MF 田中楓基(3年)
15 DF 仮屋敬司(3年)
16 DF 木庭蒼麻(3年)
17 MF 高良泰生(3年)
18 MF 林由斗(2年)
19 FW 畠中廉央(3年)
20 FW ホン・ジョンウク(3年)
21 GK 山川銀治(2年)
22 FW 城本悠翔(3年)
23 DF 山本結馬(3年)
24 MF 原山元(2年)
25 MF 田岡拓馬(3年)
26 MF 伊藤大智(3年)
27 DF 中嶋滉周(3年)
28 FW 名塩孝太朗(2年)
29 DF 濱口海翔(2年)
30 GK 西川憲吾(2年)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

TOP