beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

出場校チーム紹介:山梨学院高(山梨)

このエントリーをはてなブックマークに追加

09年度以来の日本一を狙う山梨学院高

第99回全国高校サッカー選手権

山梨学院高(山梨)

山梨学院高関連ニュース


山梨学院高写真ニュース

▼全国大会日程
1回戦 1-0 米子北高(鳥取)
2回戦 1-0 鹿島学園高(茨城)
3回戦 1-1(PK7-6)藤枝明誠高(静岡)
準々決勝 1-0 昌平高(埼玉)
準決勝 2-2(PK3-1)帝京長岡高(新潟)
決勝 2-2(PK4-2)青森山田高(青森)
■出場回数
3年ぶり7回目
■過去の最高成績
優勝(09年度)
■その他、過去の主な全国大会成績
インターハイ優勝1回(18年)、インターハイ出場5回
■監督
長谷川大
■主将
GK熊倉匠(3年)
■今季成績
[リーグ戦]
プリンスリーグ関東8位(2勝3分4敗)
[新人戦](県準優勝)
決勝 0-1 韮崎高
■予選成績
3回戦 13-0 富士北稜高
準々決勝 3-0 帝京三高
準決勝 3-0 日大明誠高
決勝 2-1 日本航空高
■都道府県予選決勝布陣&決勝メモ
[4-4-2]
  久保壮輝  野田武瑠

広澤灯喜       新井爽太
  石川隼大  谷口航大  

飯弘壱大       鈴木剛
  板倉健太  一瀬大寿

      熊倉匠
[決勝メモ] 
 前回王者・日大明誠高を準決勝で下して勢いに乗って迎えた決勝の舞台。対戦したのは昨年度の準決勝で屈した日本航空高だった。“リベンジ”を果たしたい相手だが、前半14分に先制点を献上してしまう。しかし、同19分にMF新井爽太(3年)のロングスローの流れから、最後はMF広澤灯喜(3年)がボレーで沈めて同点に追い付く。後半に入ると押し込む時間帯が続き、セットプレーから幾度となくゴールに迫る。なかなか、勝ち越せなかったものの、後半38分に途中出場のMF山口丈善(3年)が決勝ゴールを奪い、2-1の勝利を収めた。
MOM:MF山口丈善(3年)
「悔しさ糧にした男が決勝弾!!」

■予選取材記者(編集部・折戸)チーム紹介
変幻自在の個性派集団、目指すは09年以来の頂点
 3年ぶり7度目の選手権の舞台にたどり着いたチームの強みは、「一人ひとりの個性があること」(長谷川大監督)。「守備は全員でしっかりやり、自分たちの強みを出し合えるような組織づくりをしていきたい」。それが実現すれば、「出る選手によって相手はやり方を変えないといけない」と相手に的を絞らせずに試合を進められ、さらに「選手層の厚みが増した」ことで選手交代で流れを引き寄せる術も持ち合わせる。
 実際に県予選決勝では途中出場のFW笹沼航紀(3年)、FW茂木秀人イファイン(2年)がチームを活性化させ、MF山口丈善(3年)が決勝点を挙げている。攻撃の核となるMF野田武瑠(3年)を筆頭に個性豊かな攻撃陣は予選4試合で21得点を記録し、GK熊倉匠(3年)やDF一瀬大寿(3年)を中心とした守備陣も予選を1失点でしのいだように、攻守のバランスは抜群だ。「県予選の優勝も一つの通過点。まずは年を越して頂点を目指したい」。初戦・米子北高(鳥取)戦に照準を合わせつつ、09年以来の選手権制覇を狙う。
■予選取材記者(編集部・折戸)注目選手
攻撃にアクセント加えるナンバー10
FW野田武瑠(3年)
「鋭いドリブルで守備網を切り裂き、チャンスを生み出す背番等10。左右両足から蹴り出されるキック精度も○」

相手を混乱に陥れる“飛び道具”の持ち主
MF新井爽太(3年)
「ゴール前まで易々と放り込むロングスローは大きな武器に。プレースキックを任されるなど高い技術も光る」

ゴールを守り、チームをまとめるキャプテン
GK熊倉匠(3年)
「主将を務める精神的支柱。180cmながらも難なくハイボールを処理し、鋭い反応でシュートをストップする」

■過去の全国大会成績
【17年度 第96回(1回戦敗退)】
1回戦 1-2 米子北高(鳥取)
【16年度 第95回(3回戦敗退)】
1回戦 1-0 岡山学芸館高(岡山)
2回戦 2-1 尚志高(福島)
3回戦 0-4 駒澤大高(東京A)
【14年度 第94回(3回戦敗退)】
1回戦 1-0 滝川二高(兵庫)
2回戦 0-0(PK7-6)岐阜工高(岐阜)
3回戦 1-1(PK5-6)前橋育英高(群馬)
【11年度 第91回(2回戦敗退)】
2回戦 2-3 市立西宮高(兵庫)
【10年度 第90回(8強)】
2回戦 3-1 国見高(長崎)
3回戦 1-0 駒澤大高(東京B)
準々決勝 1-2 流通経済大柏高(千葉)
【09年度 第89回(優勝)】
1回戦 4-2 野洲高(滋賀)
2回戦 1-0 立命館宇治高(京都)
3回戦 2-0 香川西高(香川)
準々決勝 1-0 ルーテル学院高(熊本)
準決勝 2-0 矢板中央高(栃木)
決勝 1-0 青森山田高(青森)
■登録メンバーリスト
1 GK 磯部圭佑(3年)
2 DF 飯弘壱大(3年)
3 DF 一瀬大寿(3年)
4 DF 板倉健太(3年)
5 DF 鈴木剛(3年)
6 MF 谷口航大(2年)
7 FW 笹沼航紀(3年)
8 MF 新井爽太(3年)
9 FW 茂木秀人イファイン(2年)
10 FW 野田武瑠(3年)
11 MF 広澤灯喜(3年)
12 DF 中根悠衣(3年)
13 MF 依田らい木(3年)
14 MF 石川隼大(2年)
15 MF 野口新太(3年)
16 MF 常盤隼人(3年)
17 GK 熊倉匠(3年)
18 MF 山口丈善(3年)
19 DF 浦田拓実(3年)
20 FW 久保壮輝(3年)
21 GK 山田海人(2年)
22 DF 加藤豪太(3年)
23 DF 石川聖功(3年)
24 DF 山口宇汰(2年)
25 MF 岩岡遼太(3年)
26 MF 佐藤柊椰(2年)
27 MF 佐瀬祐人(3年)
28 FW 鈴木健世(3年)
29 FW 佐藤宇宙(3年)
30 FW 佐竹祥太(2年)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

TOP