beacon

遠藤渓太途中出場ウニオン・ベルリンが16歳ムココ初得点のドルトムントに競り勝つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

[12.18 ブンデス1部第13節 ウニオン・ベルリン2-1ドルトムント]

 MF遠藤渓太の所属するウニオン・ベルリンがホームでドルトムントに2-1で競り勝った。

 試合は後半12分にFWタイウォ・アウォニイのゴールでウニオンが先制。同15分にドルトムントがFWユスファ・ムココのゴールで追いつくが、同33分にCKを合わせたDFマービン・フリードリヒのゴールでウニオンが勝ち越した。

 遠藤は後半21分から途中出場。2試合ぶりの出場となった遠藤が、チームの5試合ぶりとなる勝利に貢献している。

 なお、ドルトムントの得点者であるムココは、16歳28日のブンデスリーガ史上最年少ゴール記録を更新。数年前から注目されてきた神童が、いよいよスコアラーとしての道を歩み始めた。

●海外組ガイド●ブンデスリーガ2020-21特集

TOP