beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

出場校チーム紹介:京都橘高(京都)

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年は大型チームの京都橘高

第99回全国高校サッカー選手権

京都橘高(京都)

京都橘高関連ニュース


京都橘高写真ニュース

▼全国大会日程
1回戦 6-0 松本国際高(長野)
2回戦 0-2 昌平高(埼玉)
■出場回数
2年連続9回目
■過去の最高成績
準優勝(12年度)
■その他、過去の主な全国大会成績
全国高校選手権4強1回(13年度)、インターハイ4強(19年度)、同出場5回、プレミアリーグWEST8位(14年)
■監督
米澤一成
■主将
MF中野晃弥(3年)
■今季成績
[リーグ戦]
スーパープリンスリーグ関西6位(Aグループ3位、3勝1分2敗)
順位決定戦 2-4 阪南大高(大阪)
[新人戦](府優勝)
決勝 5-0 京都共栄高
■予選成績
3回戦 12-0 洛東高
4回戦 6-0 立命館宇治高
準々決勝 6-1 城陽高
準決勝 6-0 福知山成美高
決勝 2-1 東山高
■都道府県予選決勝布陣&決勝メモ
[3-5-2]
    西野太陽  木原励

       杉本蓮
中川樹          青山楽生
    中野晃弥 宮嶋大輝

   金沢一矢   山内琳太郎
       小山凌

       中村青

[決勝メモ] 
 東山高とのライバル対決となった決勝戦。京都橘は前半35分、DF金沢一矢(3年)の左ロングスローがゴールエリアへ届き、これをFW木原励(2年)が頭でゴールへ押し込む。京都橘は後半立ち上がりにもMF青山楽生(2年)の右ロングスローからMF宮嶋大輝(2年)が頭で決めて2-0。東山も後半32分、1年生MF真田蓮司の左CKをMF藤枝康佑(2年)が頭で決めて1点差としたが、逃げ切った京都橘が2連覇を達成している。
MOM:DF小山凌(3年)
「」

■予選取材記者(森田将義氏)チーム紹介
例年とは異なる強み。大会屈指の2トップも注目
「今年は、上手い選手がいない。今までの橘のやりたいサッカーとは違う形で、彼らに寄り添いながら、サッカーらしくしたい」。新チームが立ち上げ当初に米澤一成監督が口にしていた通り、今年の橘は例年とは違う。186cmのDF小山凌(3年)、180cmのDF金沢一矢(3年)をはじめピッチに立つ半数以上が、大型選手。昨年の選手権から注力するロングスロー、セットプレーから迫力を持ってゴールに迫る形が得点源だ。課題だった技術面も、この一年でコンビネーションが良くなり、予選では中央を崩す場面が増えた。J2徳島内定のFW西野太陽(3年)、プロ注目のFW木原励(2年)という大会トップクラスの2トップがいるのも強みで、全国でも得点には期待できそうだ。あとは、攻撃の剛柔を状況に応じて使い分けられるかが鍵となる。
■予選取材記者(編集部・■)注目選手
屈強。攻撃の起点も担う
DF金沢一矢(3年)
「屈強なフィジカルを活かした対人守備と競り合いの強さが売り。左右両足から繰り出す正確なキックで、攻撃の起点としても機能する」

インターセプト魅力のキャプテン
MF中野晃弥(3年)
「鋭い読みを活かしたインターセプトが魅力。ボールを奪ってからは左足キックで、攻撃のリズムを作る」

徳島内定。得点王候補
FW西野太陽(3年)
「速さと高さを備えた点取り屋。J2徳島への内定が決まってからは、プレーの力強さが増し、一皮むけた」

■過去の全国大会成績
【19年度 第98回(2回戦敗退)】
2回戦 1-1(PK3-4)鵬学園高(石川)
【17年度 第96回(2回戦敗退)】
2回戦 0-1 上田西高(長野)
【16年度 第95回(1回戦敗退)】
1回戦 0-1 市立船橋高(千葉)
【15年度 第94回(1回戦敗退)】
1回戦 0-1 尚志高(福島)
【14年度 第93回(8強)】
2回戦 3-0 第一学院高(茨城)
3回戦 0-0(PK3-1)國學院久我山高(東京A)
準々決勝 0-4 前橋育英高(群馬)
【13年度 第92回(4強)】
2回戦 2-0 藤枝東高(静岡)
3回戦 3-2 那覇西高(沖縄)
準々決勝 2-0 市立船橋高(千葉)
準決勝 0-4 星稜高(石川)
【12年度 第91回(準優勝)】
1回戦 2-2(PK4-3)正智深谷高(埼玉)
2回戦 3-1 仙台育英高(宮城)
3回戦 4-1 丸岡高(福井)
準々決勝 2-1 帝京長岡高(新潟)
準決勝 3-0 桐光学園高(神奈川)
決勝 2-2(PK3-5)鵬翔高(宮崎)
【08年度 第87回(1回戦敗退)】
1回戦 0-2 前橋育英高(群馬)
■登録メンバーリスト
1 GK 中村青(3年)
2 DF 山内琳太郎(3年)
3 DF 小山凌(3年)
4 DF 原田太陽(2年)
5 DF 久末達哉(2年)
6 MF 宮嶋大輝(2年)
7 MF 中野晃弥(3年)
8 MF 長谷川裟恭(2年)
9 FW 木原励(2年)
10 FW 西野太陽(3年)
11 FW 永井友也(3年)
12 GK 前田宙杜(3年)
13 FW 杉本蓮(3年)
14 MF 中川樹(3年)
15 MF 米田翔大(3年)
16 MF 鎌田翔大(2年)
17 DF 金沢一矢(3年)
18 MF 青山楽生(2年)
19 FW 川勝健慎(3年)
20 MF 東陽平(3年)
21 GK 郷田凪砂(3年)
22 DF 西田航士朗(3年)
23 DF 井上侑星(3年)
24 MF 松浦蒼波(3年)
25 MF 吉田海翔(3年)
26 MF 幡司凜央(2年)
27 MF 芳賀海斗(2年)
28 MF 成迫勇太(3年)
29 MF 下西竜聖(2年)
30 GK 柳本升吾(3年)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

TOP