beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「またいつか皆さんに会える日を楽しみに」東京V近藤直也が今季をもって現役引退

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京VのDF近藤直也が現役引退

 東京ヴェルディは19日、DF近藤直也(37)が今季をもって現役を引退することが決定したと発表した。

 柏ユース出身の近藤は2002年にトップチームへ昇格。2015年シーズン終了後に退団するまで2011年のJ1優勝、2012年の天皇杯優勝、2013年のナビスコ杯(現ルヴァン杯)優勝などに貢献した。柏を退団後、2016年から2018年まで千葉に所属。東京Vには昨季から在籍し、今季はここまでJ2リーグ戦16試合で1得点を記録している。

 現役引退に際してクラブ公式サイトを通じ、「特別能力があるわけでもない自分が19年間もプロサッカー選手を続けてこられたのは支えてくれた周りの方々に恵まれたからです」と周囲のサポートに感謝。「またいつか皆さんに会える日を楽しみにしています」と語った。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF近藤直也
(こんどう・なおや)
■生年月日
1983年10月3日(37歳)
■出身地
栃木県
■身長/体重
182cm/76kg
■経歴
竹園東中-柏ユース-柏-千葉-東京V
■受賞歴
2011年:Jリーグベストイレブン
■出場歴
J1リーグ:209試合8得点
J2リーグ:191試合12得点
カップ戦:37試合
天皇杯:22試合1得点
ACL:15試合1得点
CWC:4試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●2021年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP