beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

出場校チーム紹介:ルーテル学院高(熊本)

このエントリーをはてなブックマークに追加

堅守と運動量を発揮して熊本予選を制したルーテル学院高

第99回全国高校サッカー選手権

ルーテル学院高(熊本)

ルーテル学院高関連ニュース


ルーテル学院高写真ニュース

▼全国大会日程
1回戦 0-1 丸岡高(福井)
■出場回数
4年ぶり5回目
■過去の最高成績
8強(09年度)
■その他、過去の主な全国大会成績
インターハイ出場2回
■監督
小野秀二郎
■主将
DF福島健琉(3年)
■今季成績
[リーグ戦](12月14日時点)
熊本県1部リーグAパート3位(2分2敗)
[新人戦](県8強)
準々決勝 0-2 熊本商高
■予選成績
3回戦 10-1 有明高
4回戦 1-0 開新高
準々決勝 0-0(PK10-9)熊本商高
準決勝 0-0(PK5-3)大津高
決勝 0-0(PK5-3)熊本国府高
■都道府県予選決勝布陣&決勝メモ
[4-4-2]
   島崎大河 荒牧琉偉人

上田慎明       田尻将仁
   伊井舜哉  後藤然

福島健琉       高木大聖
   西原篤史  坂本光

      永田優斗
[決勝メモ] 
 立ち上がりから前に出たルーテル学院に対し、連覇を狙う熊本国府高は後方での組み立てからロングボールを入れる形で徐々にリズムを掴む。0-0の後半10分、熊本国府は準決勝3得点のFW岩永晴琉(3年)ら3人を同時投入して勝負に出る。だが、ルーテル学院は逆に運動量を上げてエースFW島崎大河(3年)やMF後藤然(2年)が決定的なシュートを連発。熊本国府はGK吉永縁心(3年)が好セーブを続けるなどゴールを許さず、PK戦へ持ち込んだ。だが、PK戦は熊本国府の3人目が失敗。対するルーテル学院は5人全員が決めて5-3でルーテル学院が勝利した。
MOM:DF坂本光(2年)
「DFとしての責任果たす連続完封」

■予選取材記者(編集部・吉田)チーム紹介
運動量と「堅守賢攻」で上位へ
 県予選準決勝で絶対的な優勝候補だった大津高を0-0からのPK戦の末に撃破。決勝でも連覇を狙う熊本国府高に得点を許さず、3試合連続でのPK戦を制して全国切符を勝ち取った。左SB福島健琉主将(3年)は県決勝後、「熊本の中で一番粘り強い守備ができたと思います」とコメント。特別なタレントはいないかもしれないが、抜群の高さを誇るCB坂本光(2年)や左利きのストッパー・CB西原篤史(3年)、鳥栖U-15で日本一を経験しているGK永田優斗(3年)ら各選手が自分の役割を徹底し、身体を張って粘り強くゴールを守り抜いたことが結果に繋がった。
 攻撃はエースFW島崎大河(3年)や司令塔のMF後藤然(2年)が中心。福島の推進力ある攻撃参加やMF田尻将仁(3年)のロングスローがアクセントとなる。県決勝で見せた相手を凌駕するような運動量はチームの生命線。県予選は精度を欠いたが、小野秀二郎監督の求めるルーテルバージョンの「堅守賢攻」で全国に挑む。
 2度目の出場だった09年度大会は、大会得点王に輝いたFW山本大貴(現岡山)の活躍などでベスト8進出。だが、その後の10大会で熊本県勢は8度初戦敗退と結果が出ていない。「日本一の練習」を掲げて日々取り組むルーテル学院が選手権で勝ち上がり、地元・熊本の人々を笑顔にする。
■予選取材記者(編集部・吉田)注目選手
負ける気がしないストッパーへ
DF坂本光(2年)
「CBセルヒオ・ラモスやCBフィルジル・ファン・ダイクのように『1対1で全然負ける気がしない選手。そういう選手になっていきたい』と目標を掲げるストッパー。絶対的な自信を持つ高さと身体を張った守りによって全国でも無失点を続ける」

全国でゴール誓うエース
FW島崎大河(3年)
「前線で身体を張ってボールを収め、DFを外してから決定的なシュートも撃ち込むエース。入学直後から先発を経験してきたFWは、悔しい結果だった県予選をバネに全国でゴールを決める」

献身的に闘うキャプテン
DF福島健琉(3年)
「対応力優れ、CBでもSBでも力を発揮することができるチームリーダー。県決勝では粘り強い守りに加え、緩急のあるドリブルで攻撃にアクセントを加えた」
■過去の全国大会成績
【16年度 第95回(1回戦敗退)】
1回戦 2-4 尚志高(福島)
【11年度 第90回(1回戦敗退)】
1回戦 0-1 清水商高(静岡)
【09年度 第88回(8強)】
1回戦 3-1 帝京高(東京B)
2回戦 2-0 富山一高(富山)
3回戦 1-0 日章学園高(宮崎)
準々決勝 0-1 山梨学院高(山梨)
【07年度 第86回(2回戦敗退)】
2回戦 2-3 埼玉栄高(埼玉)
■登録メンバーリスト
1 GK 永田優斗(3年)
2 DF 高木大聖(3年)
3 DF 坂本光(2年)
4 DF 西原篤史(3年)
5 DF 福島健琉(3年)
6 MF 田尻将仁(3年)
7 MF 伊井舜哉(3年)
8 MF 上田慎明(2年)
9 FW 坂口眞汐(3年)
10 MF 後藤然(2年)
11 FW 島崎大河(3年)
12 GK 畠山航(3年)
13 MF 中村優我(3年)
14 DF 岡本健汰(3年)
15 DF 田代亘(3年)
16 DF 島崎亮典(2年)
17 MF 平野叶汰(2年)
18 MF 大塚龍斗(3年)
19 FW 荒牧琉偉人(2年)
20 FW 池田智哉(2年)
21 GK 松村純信(1年)
22 DF 高瀬照人(3年)
23 DF 坂優希(2年)
24 MF 栃原健(2年)
25 DF 山本翔太(1年)
26 DF 浅井蓮太郎(2年)
27 MF 高野虎之介(1年)
28 MF 三滝拓海(2年)
29 FW 溝俣陽介(2年)
30 MF 増渕太洋(2年)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

TOP