beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ヴィッセル神戸、新社長は11年楽天入社の31歳

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヴィッセル神戸は23日、代表取締役社長の交代を発表した。立花陽三社長(49)が退任し、徳山大樹副社長が就任する。正式就任は来年2月1日を予定。

 徳山氏は神奈川県出身で、1989年3月1日生まれの31歳。早稲田大を卒業後、11年に楽天株式会社に入社。楽天市場事業に従事し、19年よりヴィッセル神戸の副社長執行役員に就いていた。

 クラブ公式サイトで徳山氏は「アジアNo.1クラブという目標達成のため、監督、コーチ、スタッフ、ファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、ヴィッセル神戸に関わる全ての皆様とともに、『一致団結』して邁進して参ります」とコメントしている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP