beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大宮の新指揮官は大分ヘッドコーチの岩瀬氏に決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

大宮の新指揮官が決定した

 大宮アルディージャは24日、2021年シーズンからのトップチーム新監督として、大分トリニータのヘッドコーチを務める岩瀬健氏(45)が就任することを発表した。

 岩瀬氏は現役時代に浦和と大宮でプレーし、指導者転身後は浦和と柏の下部組織のコーチなどを歴任。柏トップチームのヘッドコーチを担当した2018年シーズンの終盤には、加藤望氏の後任として監督を務めた経験を持つ。大分のヘッドコーチには今季から就任していた。

 クラブ公式サイトを通じ、「2021シーズンよりトップチームの監督に就任いたします、岩瀬健です。クラブの理念に沿って取り組み、目の前の試合に勝利できるように、全力を尽くしたいと思います。ご支援、ご声援をよろしくお願いいたします」と所信表明を行っている。

 大宮は昨季から今季にかけて高木琢也前監督(53)が指揮。今月8日にシーズン終了後の退任が発表されていた。チームは今季J2リーグ戦を14勝11分17敗(勝ち点53)の15位で終えている。

以下、クラブ発表プロフィール

●岩瀬健
(いわせ・けん)
■生年月日
1975年7月8日(45歳)
■出身地
千葉県
■選手歴
習志野高-浦和-大宮
■指導歴
浦和ハートフルクラブコーチ(05〜07)-浦和ユースコーチ(08〜10)-浦和JrユースU-14監督(11〜12)-柏U-15コーチ(13〜14) - 柏U-15監督(15)-柏アカデミーダイレクター(16)-柏ヘッドコーチ(17)-柏コーチ兼アカデミーヘッドオブコーチ(18.1〜18.11)-柏監督(18.11〜18.12)-柏アカデミーヘッドオブコーチ(19)-大分ヘッドコーチ(20)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●2021年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP