beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“素晴らしい延長オファー”も数か月前に移籍を決断…C大阪DF木本が柿谷とともに名古屋へ「色々な意見があると思います」

このエントリーをはてなブックマークに追加

C大阪DF木本恭生が名古屋に完全移籍

 名古屋グランパスは24日、セレッソ大阪のDF木本恭生(27)が完全移籍で加入することを発表した。同日にFW柿谷曜一朗(30)もC大阪から名古屋への完全移籍が発表されている。

 木本は福岡大時代の2015年に特別指定選手として福岡に所属し、2016年にC大阪へ入団。プロ2年目以降にトップチームでの出場機会を増やし、今季はJ1リーグ戦28試合に出場した。

 名古屋のクラブ公式サイト上で「名古屋グランパスでプレーさせてもらえる機会を与えていただいたことに感謝しています。チームにとってプラスの存在になっていけるよう全力で頑張っていきます。応援よろしくお願いします」と挨拶している。

 また、C大阪のクラブ公式サイトを通じては「名古屋グランパスに完全移籍する決断をしました。まずコロナの影響で経営が厳しいなか素晴らしい延長オファーをしていただいたクラブに感謝しています。そしてスポンサーの皆様、サポーターの皆様、コーチングスタッフ、メディカルスタッフ、チームメイトの皆様5年間ありがとうございました!セレッソ大阪での5年間は苦しいことも嬉しいこともたくさんあり、ものすごく充実した5年間でした」と感謝。「この決断に対して色々な意見があると思いますが、自分の選んだ道を信じて頑張っていきたいと思います」と決意を語っている。

 続けて「この決断は数か月前にしていました」と明かし、「だからこそどんな状況でもチームのために、そしてセレッソ大阪を天皇杯優勝、ACL出場させる!と、強い思いを持って戦いましたが、なにも残すことができずチームを去ることを本当に申し訳なく思っています」と謝罪。最後に「5年間ありがとうございました」と感謝の言葉を重ねた。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF木本恭生
(きもと・やすき)
■生年月日
1993年8月6日(27歳)
■出身地
静岡県
■身長/体重
183cm/73kg
■経歴
富士見台サッカークラブスポーツ少年団-富士ジュニアフットボールクラブ-静岡学園中-静岡学園高-福岡大-C大阪
■出場歴
J1リーグ:102試合2得点
J2リーグ:1試合1得点
J3リーグ:23試合1得点
カップ戦:22試合3得点
天皇杯:9試合1得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●2021年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP