beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

群馬が東京学芸大の185cmFW一木立一の来季加入を発表「ポストプレーと前線からの守備も厭わない献身性」

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京学芸大FW一木立一が群馬へ

 ザスパクサツ群馬は26日、都リーグ1部の東京学芸大に所属するFW一木立一(22)の来季加入内定を発表した。

 一木は太田高から東京学芸大に進学。クラブ公式サイトでは、そのプレースタイルについて「長身を生かしたポストプレーと前線からの守備も厭わない献身性を持ち合わせるストライカー。得点感覚も優れる」とコメントしている。

 一木は「多くの方々に支えられて、地元であるザスパクサツ群馬でプロサッカー選手になることができました。一日でも早くザスパクサツ群馬の勝利に貢献できるよう日々精進していきます。」と意気込みを伝えている。

以下、プロフィール
●FW一木立一
(いちき・りゅういち)
■生年月日
1998年11月24日(22歳)
■身長/体重
185cm/74kg
■出身地
群馬県桐生市
■経歴
新桐生ジュニオール-桜木中-太田高

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP