beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

岡山、鳥取からDF井上黎生人を獲得「初めてのJ2でのプレー。色々な思いがあります」

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ファジアーノ岡山は27日、ガイナーレ鳥取からDF井上黎生人が完全移籍で加入することを発表した。

 井上は2015年に鹿児島実高から鳥取に入団した。6シーズン在籍し、J3リーグ通算120試合7得点を記録。今季は34試合に出場し、3ゴールを挙げている。

 岡山加入にあたり、クラブ公式サイトを通じて「初めてのJ2でのプレー。色々な思いがあります。言葉よりプレーで魅せられる選手になります。監督をはじめ、サポーターの皆さん、スタッフの方々、選手の皆さん、たくさん学ばせていただきます。 よろしくお願いいたします」とコメントした。

 また、鳥取公式を通じて「とても思い出が詰まった場所。沢山の愛情を注いでくれたガイナーレ鳥取。そんなクラブを離れる決断は決して簡単なものではなかったです。沢山悩みました。沢山考えました。そのくらい僕にとってガイナーレ鳥取では沢山の経験をさせて頂きました。これからもっともっとサッカーを楽しんで、その度に成長出来るよう努力し続けます。試合に出る姿を皆さんにお見せする事が、僕ができるガイナーレ鳥取への、最低限の恩返しだと思っております。良い時も悪い時もいつも同じように応援してくださったサポーターの皆様。スポンサーの皆様。ガイナーレ鳥取を支えるフロントスタッフの皆様。高木監督、僕を信じてくれて本当にありがとうございました。6年間お世話になりました!行ってきます!!」と感謝の言葉を伝えている。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF井上黎生人
(いのうえ・りきと)
■生年月日
1997年3月9日(23歳)
■出身地
島根県
■身長/体重
180cm/77kg
■経歴
RESTA FC-鹿児島実高-鳥取
■出場歴
J3リーグ通算:120試合7得点
天皇杯通算:3試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP