beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ユース取材ライター陣が推薦する選手権注目の11傑vol.1

このエントリーをはてなブックマークに追加

森田氏が推薦するMF川上航立(帝京長岡高)

特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『全国高校選手権注目の11傑』」

 ゲキサカでは12月31日に開幕する第99回全国高校サッカー選手権の注目選手を大特集。「選手権注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター陣に選手権注目の11選手を紹介してもらいます。第1回は関西を中心にジュニアから大学生、Jリーグまで精力的に取材する森田将義氏による11名です。

森田将義氏「新型コロナウイルスの影響で、今年は史上初の中止となったインターハイを筆頭に多くの大会が中止になりました。どこにぶつければ良いか分からない悔しさや虚しさを抱える選手が多い中でも、最後の年にかけていた3年の想いは、計り知れません。それでも、選手権があると信じて頑張り続けた選手たちの成長は著しく、予選などでは気持ちの強さを感じる選手が多くいました。そうした3年生の中から、特に活躍して欲しいと思った選手をピックアップしました。彼らの高校生活の集大成をぜひ、チェックしてください」

以下、森田氏が推薦する11名
GK熊倉匠(山梨学院高3年)
「鋭いシュートセーブと落ち着いた守備対応でゴールに鍵をかける絶対的な守護神だ。何より目を惹くのは、主将としての存在感。1試合通じて絶やさない正確なコーチングとリーダーシップで、個性的な選手が揃うチームを引き締める」

DF大野哲平(新田高3年)
39年ぶりの選手権出場を果たせたのは、彼の存在が大きい。昨年はボランチとしても、プレーしたが運動量の多さと対人の強さを買われ、今年は本職であるサイドバックに固定。積極的なアップダウンから正確なクロスを上げて、チャンスを何度も作る。

DF尾崎功燿(初芝橋本高3年)
184cmの高さを活かした競り合いは圧倒的で、どんな大型FWにも果敢に挑み、ロングボールを徹底的に跳ね返す。また、大型選手ながらもスピードも一定以上で、1対1にも強い。DF七星優斗(2年)とのCBコンビで堅守を維持できるかが、全国の鍵だ。

DF稲田翔真(神村学園高3年)
攻撃的なサッカーを後方で支える守備の要。両サイドバックが積極的に攻撃参加し、2バックになりがちだが、彼が守備能力の高さを発揮し、失点を回避する。足元の技術も高く、正確な左足を活かし、ビルドアップにも関与できるのもセールスポイントだ。

DF富田脩平(富山一高3年)
中学からのチームメイトであるDF女川陽生やMF福岡輝が主力の座を掴む一方、長きに渡って下のカテゴリーに留まっていたが、けが人が相次いだ予選で出番を掴むと大暴れ。正確な左足を活かしたセットプレーで、得点とアシストを量産。全国でも得点力の鍵を握る存在だ。

MF渡辺航大(学法石川高3年)
爆発的な突破を活かし、右サイドから決定機を生み出すサイドアタッカー。ウイングバックとしては不足する守備力を補う以上の攻撃力を持っている。キープ力にも長けており、彼の下にボールが入れば、何かをやってくれそうな予感が漂う選手だ。

MF川上航立(帝京長岡高3年)
帝京長岡の攻撃的なサッカーを支えるボランチで、気の利いた守備と正確な散らしが特徴。昨年は周りの選手を活かす黒子役の印象が強かったが、主将を務める今年は気迫あふれるプレーで攻守に関与し続け、主役級の存在感を見せる。

MF宮嶋航大(松本国際高3年)
全国的な知名度は高くないが、左右両足から繰り出す正確な展開力は、大会でも屈指だ。昨年までは先輩への遠慮が見られたが、中心選手としての自覚が強まった今年は、攻守両面への関与と力強さが増し、より怖い選手へと成長を遂げた。

MF竹中元汰(米子北高3年)
辛口の中村真吾監督が、「うちにないパスセンスを持った選手」と認める実力の持ち主。正確な散らしと決定機を生み出すスルーパスが光る。奪ったボールを素早く前線へと繋ぐ米子北の攻撃にアクセントを加えられる選手だ。

FW李晃輝(履正社高3年)
迫力溢れる攻撃を牽引するストライカー。屈強なフィジカルを活かした馬力ある突破に加え、前線でのボールキープで周囲の攻撃参加を引き出す。アグレッシブな守備も魅力十分。全国では、無得点に終わった予選の分まで活躍してくれるはずだ

FW杉本翔(作陽高3年)
縦への速さが光る今年の作陽のキーマンだ。身体能力の高さが持ち味で、前線でのポストプレーでターゲット役となりながら、サイドのスペースに流れて突破を狙う。シュート感覚にも優れており、相手にとってこれほど怖い選手はいない

執筆者紹介:森田将義(もりた・まさよし)
1985年、京都府生まれ。路頭に迷っていたころに放送作家事務所の社長に拾われ、10代の頃から在阪テレビ局で構成作家、リサーチとして活動を始める。その後、2年間のサラリーマン生活を経て、2012年から本格的にサッカーライターへと転向。主にジュニアから大学までの育成年代を取材する。ゲキサカの他、エル・ゴラッソ、サッカーダイジェストなどに寄稿している。
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

TOP