beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

両キャプテンとして選手権初戦で“再会”…星稜FW千葉「ありがとう」作陽MF奥「気持ちを背負って戦う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

星稜高FW千葉大護主将(3年)と作陽高MF奥龍太郎主将(3年)(写真協力『高校サッカー年鑑』)

[12.31 選手権1回戦 星稜高2-2 PK3-5作陽高 等々力]

 両校のキャプテンとして、選手権の舞台で“再会”した。中学生時代、ガンバ大阪門真ジュニアユースでチームメイトだった作陽高(岡山)MF奥龍太郎(3年)と星稜高(石川)FW千葉大護(3年)。地元大阪府を離れた2人はそれぞれが名門高でキャプテンマークを巻き、選手権初戦のピッチで激突した。

 1-0で迎えた前半終了間際、10番でエースの千葉に見せ場が訪れ、低い弾道の直接FKを突き刺す活躍を見せた。「思っていた通り厄介な選手だった。個人としてもチームとしても負けたくないと思っていた」と振り返ったのは奥。試合は星稜が2点を先行したものの、後半怒涛の猛攻で追いついた作陽がPK戦を制し、2回戦に進出した。

 2トップの一角を担った千葉とボランチの奥はマッチアップする場面もあり、千葉は「きょう戦ってみて、やっぱり成長していた。自分が武器だった競り合いの部分で負けてしまうところもあった」と相手の進化を称えると、「2回戦、3回戦、もっと上にいけるように頑張ってほしい」とエールを送った。

 試合前は連絡を取り合わず、激戦を終えた後、千葉はピッチ上で「ありがとう。次も頑張って」と盟友に思いを託した。奥は「大護の分も、絶対に自分たちが次も勝ってつなげたい。千羽鶴をもらって『頑張って』と言われた。その気持ちを背負って戦っていこうと思います」と決意をにじませた。
 
(取材・文 佐藤亜希子)
●【特設】高校選手権2019

TOP