beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

失点癖からの脱却…“新布陣”で大役担った丸岡DF飯田「いい形で勝てて良かった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

丸岡高DF飯田晃明(写真協力『高校サッカー年鑑』)

[12.31 選手権1回戦 丸岡高 1-0 ルーテル学院高 味フィ西]

 丸岡高の堅守を支えたのは全国大会仕様の3バックだった。中央でスイーパーの大役を担ったDF飯田晃明(3年)は「鍵となるセットプレーで点を取って、いい形で勝てて良かった」と完封勝利を誇った。

 悲願の初優勝を成し遂げたプリンスリーグ北信越や3連覇を果たした福井県大会では、4バックのシステムを使っていた丸岡。ところが全国大会初戦を迎えたこの日、最終ラインにはウイングバック含めて5枚の守備陣が並んだ。

「相手の2トップは速いし、収めるのがうまい。3バック(ウイングバックを含めると5バック)にすることで2トップが抜けるスペースをスイーパーで消してプレーすることで抑えられる」。対戦相手のルーテル学院高を意識してのオプション布陣だったという。

 この対策が見事に機能した。相手2トップのFW荒巻琉偉人(2年)、FW島崎大河(3年)にはDF竹島智哉(3年)、DF東出来輝(2年)がほぼマンツーマンで対応し、振り切られそうになった時にはカバーを担う飯田が最後の砦として対応。受け渡しの難しさからピンチを招くシーンもなくはなかったが、GK田邊満記(2年)とも連係しながら見事に無失点に抑えた。

 今季の丸岡は選手権予選決勝・福井商戦での2失点をはじめ、プリンスリーグ北信越でも完封試合が一度もなく、守備に課題を抱えていた。また3バック導入後も練習試合では「大量失点を食らっていた」といい、2週間ほど前からようやく手応えを得られるようになったという。

 そうした苦労を乗り越えながら掴んだ完封勝利。身体を張って落ち着いてプレーしたり、クリアの際にはインサイドキックで面に当てたりという「基礎的なことを心がけてやった」という副キャプテンにとっても、大きな自信を得られる一戦となった。

(取材・文 竹内達也)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

TOP