beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「家族との相談の上、引退を決意しました」から一転…清水退団のFW鄭大世の移籍先が決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW鄭大世の新天地が決定

 FC町田ゼルビアは5日、清水エスパルスと契約満了となっていたFW鄭大世(36)を獲得したことを発表した。

 鄭大世は2020シーズンに清水からアルビレックス新潟に期限付き移籍。J2リーグでは26試合9得点を挙げていた。町田の公式サイトでは「家族との相談の上、引退を決意しました」と語りつつ、移籍に至った経緯を伝えている。

「成田空港へ向かう車に揺られながら、代理人に報告しなければいけないのに、名残惜しくて通話ボタンを押せずにいる時、ちょうど電話が鳴りました。そこでオファーを知り、家族の快諾のもと受けさせていただきました」

「息子がエスパルスのスクールでプレーする姿を見ながら、ここからプロになるのがどれほど大変かと想像した時、できるだけ長く続けることが全国の子供たちへの礼儀であり、生きる意味がそこにあると思います。続けさせてくれるFC町田ゼルビア様に心から感謝して、その気持ちを現役選手としてピッチで表現していきたいと思います」

「FC町田ゼルビアに関わる全ての皆さん。老いた選手ではありますが力の限りを絞り出し、みんなで一花咲かすことに手を貸したいです。不束者ですがよろしくお願いします」

「最後に、オファーを断らせていただいた各クラブの方々にこの場を借りてお詫び申し上げます。こんな自分にオファーをしてくれてありがとうございました」

「そして憲剛さん、ウッチーを筆頭に相談を聞いてくれた皆さんにもお礼申し上げます」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP