beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

湘南退団のMF中川寛斗、移籍先が決定「僕を必要としてくださったこの御恩を忘れず、1日1日を大切に」

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF中川寛斗の新天地は京都に決定

 湘南ベルマーレは6日、2020年シーズンをもって契約満了となっていたMF中川寛斗(26)の移籍先が京都サンガF.C.に決まったことを発表した。

 中川は柏の下部組織で育ち、2013年にトップチームへ昇格。湘南には2013年と2014年に期限付き移籍し、再び柏でのプレーを経て2019年に完全移籍した。2020年シーズンはJ1リーグ戦19試合に出場し、3得点をマーク。今月3日に2021年シーズンの契約を更新しないことが発表されていた。

 2021年から京都を率いるチョウ・キジェ監督は、2019年途中まで指導を受けた恩師でもある。中川は京都のクラブ公式サイトを通じ、「2021年シーズン、J2優勝・J1昇格に貢献できるよう、愚直に素直にサッカーに取り組みます。最高のスタジアムでサンガがより飛躍することで、京都の街を一緒に盛り上げましょう!そして何より僕を必要としてくださったこの御恩を忘れず、1日1日を大切にしてサンガと共に高みを目指します!」と決意を語った。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF中川寛斗
(なかがわ・ひろと)
■生年月日
1994年11月3日(26歳)
■出身地
埼玉県
■身長/体重
155cm/57kg
■経歴
ジップSC-大東少年団-柏U-12-柏U-15-柏U-18-柏-湘南-柏-湘南
■出場歴
J1リーグ:99試合10得点
J2リーグ:3試合
J3リーグ:4試合
カップ戦:21試合2得点
天皇杯:12試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●2021年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP