beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

スーパーボレーで一矢報いた北陸大MF東出壮太、来季はJ3熊本へ「もっともっと成長できる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

北陸大MF東出壮太(4年=津工高/熊本内定)

[1.6 #atarimaeniCUP1回戦 流通経済大 2-1 北陸大]

 0-1で迎えた前半31分、北陸大MF東出壮太(4年=津工高/熊本内定)は右サイドからの浮き球に反応し、迷わず右足を振り抜いた。「試合前から思い切っていこうと思っていた」。完璧に捉えたボレーシュートはゴール左隅に吸い込まれ、優勝候補の呼び声高い名門校に一矢報いるゴールとなった。

 ゴールへのコースはほとんどないように思われたが、一瞬の判断と精度で相手を上回った。「どちらかというとひらめきで打った。ゴール前は自分の技術を発揮できるところで、一番自信を持っている」。相手CBにはJ1リーグ内定者が並ぶ中、プロのレベルで争えることを証明するスーパーゴールとなった。

 来季からはロアッソ熊本に加入。大学4年間で積み上げてきたテクニックやスピードという武器と、小柄ながらも5〜6kgの増量を実現させたフィジカルを引っさげ、Jリーグのステージに挑む。

 練習参加では「自分の持ち味である足元の技術は通用したし、チームのスタイルと自分のプレースタイルが合っているのでもっともっと成長できる」と自信を深めた様子。東出は新たな船出に向けて「開幕から試合に絡めたらと思っているけど、まずは自分自身の成長の部分にフォーカスして、活躍して上のカテゴリにどんどん上がっていきたい」と決意を語った。

(取材・文 竹内達也)
●#atarimaeniCUP特集ページ

TOP