beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

絶賛相次ぐボランチ・長谷部誠に指揮官「またも絶対的なトッププレーヤーであることを証明」

このエントリーをはてなブックマークに追加

絶賛が相次ぐMF長谷部誠

 フランクフルトを率いるアディ・ヒュッター監督が、MF長谷部誠が先日見せたパフォーマンスについて言及。ドイツ『Ligainsider』がコメントを紹介した。

 長谷部は2日に行われたブンデスリーガ第14節レバークーゼン戦で約10か月ぶりに中盤でスタート。決勝点となったMF鎌田大地が誘発した相手オウンゴールの起点をつくるなど存在感を発揮し、2-1の逆転勝利に貢献。そのパフォーマンスを受け、冗談を交えつつ「契約を2027年まで延長するべき」と求めた地元紙『フランクフルター・ルンドシャウ』のほか、DFマルティン・ヒンターエッガーやMFジブリル・ソウと同僚たちからの絶賛も相次いだ。

 また、『Ligainsider』が伝えたコメントによれば、ヒュッター監督も長谷部のパフォーマンスを高く評価。「マコトはジブリル・ソウの隣で、特にセントラルMFで素晴らしい試合をしたと思う。それに彼はまたもどれほど絶対的なトッププレーヤーであるのかを証明したね」と賛辞を惜しまず。

 MFに置いた理由については「戦術面においてとてもクレバーだからだ」と明かすと、「ビルドアップにあたって、時には彼が慣れている最終ラインの位置に下がることにも期待していた」と続けた。

 なお、同メディアはヒュッター監督が次のマインツ戦に向けてジレンマを抱えることになると予想。レバークーゼン戦では累積警告で出場停止となっていたMFセバスティアン・ローデの代役を務めた長谷部を3バックの中央に戻すか、あるいはベンチに置くかの決断が求められることを指摘した。

 一方、長谷部に関しては「いずれにせよヒュッターに対し今後の出場に向けて、そしてもちろん2021年夏に満了となる契約(の延長)に向けてもよいアピールができただろう」とも記されている。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP