beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「あれから10年、多くの困難がありました」38歳MF富澤清太郎が古巣東京Vに復帰!

このエントリーをはてなブックマークに追加

富澤清太郎がヴェルディに復帰

 東京ヴェルディは7日、SC相模原MF富澤清太郎(38)を完全移籍で獲得することを発表した。

 ヴェルディユースから2001年にトップ昇格した富澤は05年に仙台への期限付き移籍を経て、12年に横浜FMに完全移籍。千葉、新潟を経て19年からは相模原でプレー。20年はJ3リーグ18試合出場で1得点を挙げ、J2昇格に貢献した。

 相模原を通じて、「応援して下さった皆様に、支えて下さった皆様にこの決断を尊重していただける事を信じて、新たなる道へ歩みを進めようと思います。振り返れば幸せな事に、人に恵まれ素晴らしい日々の連続でした。私は今、クラブの為に、ファンサポーター皆さんの為に、仲間の為に何ができたのか?また、これから続くSC相模原の未来に少しでも役立てたのか?その様な思いが心を巡っています。最後になりますがSC相模原の更なる発展を心よりお祈りして感謝の言葉とさせて頂きます。ありがとうございました」と感謝のコメント。東京Vを通じて、以下のコメントを発表した。

「あれから10年、多くの困難がありました。私なりに多くの経験を積ませていただきました。そして、運命に引き寄せられる様に、またこのクラブの一人として戦わせていただく事となりました。未来への想像は時として不安だけを与えます。私たちに必要なのは目の前の戦いを一戦一戦、全力でやり抜く力だと信じています。このいただいたご縁を、必ず未来につなげたいと思います。クラブを支えてくださる皆様、ファン、サポーターの皆様、現場スタッフ,選手の皆様よろしくお願いします」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●2021年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP