beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

川崎Fの20歳コンビが武者修行へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW宮代大聖は徳島へ

 川崎フロンターレは8日、FW宮代大聖(20)が徳島ヴォルティスに、MF原田虹輝(20)がガイナーレ鳥取に、それぞれ期限付き移籍をすることを発表した。

 育成組織出身の宮代は高校3年時の2018年にプロ契約を締結。19年途中にレノファ山口FCに期限付き移籍をし、20年に川崎Fに復帰していた。J1リーグでは16試合1得点、ルヴァンカップでは5試合1得点を記録している。クラブ公式サイトを通じ、「昨年はチームで二冠という素晴らしい結果を残すことができましたが、個人的には満足のいく数字が出せなかったので新しいチャレンジとして新たな環境を選ぶことにしました。また等々力に帰ってきて活躍できるよう頑張ります」とコメントしている。

 また、原田は昌平高を卒業後、2019年から川崎Fに加入。2シーズンで公式戦出場はない。クラブ公式サイトでは「2年間チームに貢献することはできませんでしたが、フロンターレで学んできたことを活かして成長して帰ってこれるように頑張ります。これからも応援よろしくお願いします」と伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP