beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“バルサの神童”ファティが新潟ユニフォームを掲げる…新潟指揮官「アルビレックス・ファミリーの一員です!!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

“バルサの神童”FWアンス・ファティが新潟に関心…?

 バルセロナの18歳FWアンス・ファティがアルビレックス新潟のユニフォームを掲げる姿が話題となっている。

 その姿が写った画像は新潟の指揮官を務めるアルベルト氏のツイッター(@puigortoneda)に投稿されたもの。スペイン人のアルベルト監督は長くバルセロナのスカウトやアカデミーダイレクターを歴任。ギニアビサウ出身の当時10歳のファティの才能を見抜き、レアル・マドリーとの争奪戦を制してバルセロナの下部組織に引き入れた張本人でもある。

 ファティは“神童”としてバルセロナやスペイン代表で数々の記録を樹立中。クラブ史上2番目の若さとなる16歳298日でトップチームデビューを飾ると、クラブ史上最年少の16歳304日で初得点を挙げる。同じく下部組織で育ったMF久保建英のチームメートでもあった。現在は半月板の手術を受けて3月中旬までの戦線離脱しているが、ひさびさの登場が新潟のユニフォームを掲げた姿となった。

 アルベルト監督はツイッターで「アンス・ファティもアルビレックス・ファミリーの一員です!!」とコメント。「バルセロナよりアンスがアルビレックスサポーターのみなさんに『よろしく!』とのことです」と伝えている。

 ツイッター上では、新潟サポーターが騒然。「クラブリリースの後じゃないとまずい」「新潟にレンタル!」など獲得熱望の声が挙がっている。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP