beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大胆メンバー変更の法政大が接戦制して8強へ! ここまで4発すべてセットプレー「準備していることが出た」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[1.8 #atarimaeniCUP2回戦 法政大 2-1 桃山学院大]

 2020年度の大学サッカー日本一を決める『#atarimaeni CUP』は8日、2回戦が行われ、法政大(関東7)が桃山学院大(関西4)を2-1で破った。10日に行われる準々決勝では流通経済大(関東1)と対戦する。

 過去3年間の総理大臣杯・全日本大学選手権(インカレ)で、それぞれ優勝1回・準優勝1回という目覚ましい実績を残してきた法政大。中1日で迎えた2回戦では大胆なターンオーバーを敢行し、1回戦の阪南大戦(○2-0)の先発からGK中野小次郎(4年=徳島ユース/札幌内定)、DF城和隼颯(4年=柏U-18/群馬内定)、DF関口正大(4年=新潟明訓高/甲府内定)、FW飯島陸(3年=前橋育英高)を除いた7人を入れ替えて臨んだ。

 システムは4-4-2。中野を最後尾に置き、4バックは左からDF陶山勇磨(3年=帝京長岡高)、城和、DF宮部大己(4年=法政二高/松本内定)、DF関口正大(4年=新潟明訓高/甲府内定)。ダルブボランチにMF佐野陸人(2年=清水ユース)とMF松井蓮之(3年=矢板中央高)が並び、2列目は左にMF服部剛大(4年=横浜FCユース)、右にMF今泉富(4年=浜松開誠館高)。2トップにはFW佐藤大樹(3年=札幌U-18)と飯島が入った。

 対する桃山学院大もベースは4-4-2。GK松山健太(4年=九州国際大高/岩手内定)がゴールを守り、最終ラインは左からDF宮田健太郎(3年=神戸U-18)、DF小林大智(4年=作陽高)、DF多賀稔人(2年=富山一高)、DF奥田勇斗(1年=G大阪ユース)。縦関係気味のボランチにMF安藤駿(3年=青森山田高)、MF三枝竜也(2年=静岡学園高)が構え、サイドハーフは左にMF若山修平(4年=静岡学園高)、右にMF印藤虎太郎(4年=C大阪U-18)。2トップはFW山口海都(3年=立正大淞南高)とFW小松海樹(2年=履正社高)が並んだ。

 前半は互いに拮抗した立ち上がり。ボールを握って攻めようとする法政大に対し、ボランチやサイドバックがポジションを遷移させる桃山学院大の可変システムが見事にハマり、イーブンの展開となった。前半23分にはようやくビッグチャンスを迎えた法政大だったが、佐野のスルーパスに抜け出した飯島の1対1シュートはGK松山に阻まれ、先制点を逃した。

 ところが前半38分以降、試合が一気に動いた。まずは法政大が服部の突破でPKのチャンスを獲得し、これを服部が自ら決めて先制点を奪取。しかし桃山学院大も40分、右サイド攻撃から山口がエリア内でファウルを受けて同じくPKをえると、これを若山が落ち着いて左に決め、同点に追いついた。

 法政大にとっては先制直後に追いつかれる嫌な展開。後半も布陣を修正しながら一気に畳み掛けるも、2分の服部のシュートがGK松山のスーパーセーブに遭い、5分に放った飯島のボレーにも松山が立ちはだかる。9分には、こぼれ球に反応した松井のミドルも右ポストに直撃。そして14分、飯島のシュートがまたも松山に防がれると、法政大の長山一也監督は選手交代を敢行した。

 指揮官は後半15分、今泉と佐藤に代わってMF長谷川元希4年=大宮ユース/甲府内定)とFW平山駿(4年=三菱養和SCユース/北九州内定)のJリーグ内定コンビを起用。これにより攻撃の幅が広がってきたのを受け、さらに終盤にかけてDF今野息吹(1年=三菱養和SCユース)とFW大塚尋斗(2年=矢板中央高)を投入し、最後の攻勢にすべてをかけた。

 すると後半39分、法政大は右からのコーナーキックを長谷川がゴール前に蹴り込むと、ニアの城和を越えたボールに反応したのが松井。高い打点から力強いヘディングシュートを突き刺し、ようやく勝ち越しに成功した。最後は足が止まった桃山学院大を相手にゆっくりと時間を進め、そのままタイムアップ。辛くも2回戦突破を決めた。

 法政大は1回戦でもコーナーキックから2点を奪っており、ここまで4点全てがセットプレーでの勝ち上がり。長山監督は「この大会はセットプレーのチームになっているが、1対1のシーンが何回かあったので仕留められるともっと楽かなと思う」としつつも、「セットプレーの準備はしっかりしているのでそこが全部出た」と積み重ねを誇った。

 また1回戦で先発していた選手たちが交代起用で結果を出したことについても「平山、長谷川を入れて間で受けるような状況が出てきたけど、前半はちょっと背後一辺倒になっていたところがあったので、切り替えでチャンスを作れなかった。中盤の選手を代えたことでマイボールの時間も増えたし、落ち着いて時間をつくることができ、サイドバックが高い位置を取れるようになった。交代もうまくいった」と手応えを語った。

 そうして勝負強さで勝ち上がった先、準々決勝に待ち構えるのは同じ関東の流通経済大。「力のあるチームなのでそういうチームと試合ができるのは、今年の法政の本当の力を見せることができる格好の試合。この試合に勝てるように1年間やってきたところもあるので、次の試合でいま持っているものをしっかりぶつけたいし、そのためにしっかり準備したい」と意気込んだ。

(取材・文 竹内達也)
●#atarimaeniCUP特集ページ

TOP