beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

岐阜、トップチーム選手1名が新型コロナ陽性

このエントリーをはてなブックマークに追加
 FC岐阜は10日、トップチーム選手1名が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。

 クラブの報告によると、5日に当該選手が帰省中に親族が体調不良にて内科を受診。PCR検査を実施し、8日に当該選手親族の陽性が判明した。当該選手は7日に岐阜に帰着すると、8日に親族の陽性判定の連絡を受け、調査を受けたが濃厚接触者ではないと判定される。しかし、念のため同日にクラブトレーナーに相談してLAMP検査を実施。検査の結果、陽性の判定を受けたという。

 当該選手は無症状であり、隔離期間は8日から22日まで。期間内にPCR検査を2回実施し、ともに陰性と判定されれば退院するという。なお、隔離までの間に、選手、スタッフ、クラブ関係者、ならびに一般の方との濃厚接触はないようだ。

 今後、チームは13日に全選手対象のPCR検査を実施し、陰性判定を確認してから順次活動を行っていく。

●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP