beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

新潟U-18指揮官に入江徹氏が就任、19年の退任から1年ぶりに復帰

このエントリーをはてなブックマークに追加
 アルビレックス新潟は10日、2021シーズンのアルビレックス新潟U-18監督に入江徹氏(43)が就任することを発表した。

 入江氏は現役引退後、2008年から新潟の下部組織のコーチを歴任。新潟U-18やU-15の監督も務めていたが、19年に退任していた。20年はファジアーノ岡山U-18のリードコーチ兼監督となっていたが、21年から再び新潟U-18に復帰することになった。

 新潟の公式サイトを通じ、入江氏は「一年ぶりに、アルビレックス新潟でお世話になる機会をいただきました」とコメント。「一日一日を全力で取り組み、一人でも多くの選手をトップチームへ輩出ができるように全身全霊をかけて頑張りたいと思います」と伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP