beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[球蹴男児U-16リーグ]優秀選手:熊本国府DF藤井琥太「強みは的確な攻撃参加と最後まで走り切る体力」

このエントリーをはてなブックマークに追加

熊本国府高DF藤井琥太

 九州地域のU-16年代において長期にわたるリーグ戦を通して、選手の育成および指導者のレベルアップを図る「2020 球蹴男児 U-16 リーグ」は全日程終了後、各チーム選出の優秀選手を発表した。上位リーグのD1リーグAパート5位・熊本国府高(熊本)からはDF藤井琥太(1年=ブレイズ熊本出身)が選出された。

以下、藤井コメント
―リーグ戦を振り返って。
「コロナ感染拡大の影響により、チーム練習も試合数も少ない中で、徐々にチームとしてのまとまりも出てきた。もう少し多く、このカテゴリーで試合を経験したかった。個人としては、もっとチームに貢献できる場面があった。後悔しています。
 最後に、リーグ戦開催が厳しい状況の中、貴重な経験の舞台を作って頂いたすべての方々に感謝しています。ありがとうございました」

―現在の課題と強み。
「課題はメンタルコントロールと守備時のポジショニングです。強みは的確な攻撃参加と最後まで走り切る体力です」

―目標とする選手。
「ジョルディ・アルバ選手です」

―今後の目標。
「チームリーダーとして、球蹴男児リーグでは1勝も出来ずにとても悔しい。この経験を活かし、2年後までに、必ず全国の舞台で活躍できるよう、日々出来ることを必死に取り組んでいきます」

(構成 吉田太郎、協力 スポーツらぼ御殿場、熊本国府高)
▼関連リンク
2020 球蹴男児U-16リーグ特集ページ

TOP