beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「博多の男らしく、どんな時も熱い気持ちで」C大阪GK永石が福岡にレンタル移籍

このエントリーをはてなブックマークに追加
 アビスパ福岡は11日、セレッソ大阪のGK永石拓海(24)が期限付き移籍で加入することを発表した。移籍期間は2021年2月1日から2022年1月31日までとなり、期間中はC大阪と対戦する全ての公式試合に出場できない。

 永石は福岡大から2018年にC大阪へ正式加入し、2019年は山口に期限付き移籍。2020年シーズンはC大阪に復帰し、C大阪U-23でJ3リーグ戦5試合に出場した。

 福岡のクラブ公式サイトを通じ、「大学時代に生活していた馴染みのある街、福岡に帰って来られたこと、嬉しく思います。博多の男らしく、どんな時も熱い気持ちで戦います」と決意を表明。C大阪のクラブ公式サイト上では「結果にこだわり、活躍する姿を見せれるよう頑張ってきます。いってきます!!」と飛躍を誓った。

以下、クラブ発表プロフィール

●GK永石拓海
(ながいし・たくみ)
■生年月日
1996年2月16日(24歳)
■出身地
山口県
■身長/体重
191cm/86kg
■経歴
高川学園高-福岡大-C大阪-山口-C大阪
■代表歴
U-17日本代表、ユニバーシアード代表
■出場歴
J3リーグ:16試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●2021年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP